MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ここのところの、リーマン・ショックによってやや報道が少なくなってはいますが、それでも連日自民党総裁選の報道が、マスコミに露出しています。

MusignyBlancは、民主党が良いと思っているわけではありませんが、日本の閉塞状況を打開するためには、政権交代が起こる、ということを常態化させないといけないと考えています。

政権政党の政策が、国民をないがしろにしたり、大きく失敗したら、政権を手放すことになる、
この緊張感こそが、政治を(一部の利権を持つもののためではなく)国民本位のものにするのではないか、と思うからです。

冷戦が終結して、戦後の日本の高度成長を支えてきた様々な制度が、疲弊してきています。
冷戦後のグローバル社会を迎えて、善し悪しはともかく、日本はなんとか新しい世界に適応していかないといけません。

自民党は、日本の旧体制を主たる支持基盤にしていますから、新しい時代に対応した政策を打ち出すことには限界があります。日本の多くの国民も、徐々にそこに気がついてきていますから、ここ20年近くの間は、自民党の党勢は長期低落傾向にあります。

しかし、自民党はゾンビみたいで、政権を手放さないためには、なんでもやる。
その執念は、流石と言わざるを得ません。

細川ー羽田内閣ができた時には、もう自民党の時代は終わったと思ったのですが、イデオロギーの全く異なる社会党と組むという、禁じ手に手を出すことによって生き延びました。
(あの時、決定的な役割を果たしたのが新党さきがけの武村正義代議士です。彼の行動によって、日本の政治、経済は十数年間遅れることになったと、思います。ここでは詳しくは触れませんが。)

また、今世紀になってからは、自分たちだけでは選挙で勝てないので、公明党と組むことによって、何とか寿命をながらえています。
生き延びるためにはまさに何でもアリ、ですね。

とはいえ、時代の流れには逆らえず、長期衰退傾向は続いて、安倍、福田、と二代続けて総理大臣を放り投げる、という前代未聞の事態を引き起こしました。

さすがにこれで自民党は終わりだ、と思ったのですが、
今回のように、
総裁選で一人の有力候補と多くの泡沫候補が立ってそれなりにマスコミに露出する。
そして、新総理就任のご祝儀相場で支持率が高いうちに、
めくらまし解散、を行おうとしています。

とはいえ、汚染米問題、金融不安、と様々な重要課題が山積した状態での政治空白に対する批判も出てくるでしょうから、
そう簡単に、自民党の思惑通りには行かないのではないか、

そこまで我々国民はバカではないぞ、

と思うのですが、さて結果はどうなることでしょうか。
民主になったらなったで、いろいろひどいところは見えてくるんでしょうけれどね。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-18 18:57 | 時事問題
9月12日に、ワイン会なるものについて書きました。

そこで書いた、3つに分類できるワイン会のうちの、2番目
つまり、
「個人が、あるテーマでワインを揃えて主催するワイン会」
なるものについて、最近、超マニアックなものがありましたので、ご紹介します。

(注:  あまりにマニアックな話なので、ワインに興味の無い方は読み飛ばしてください。
でも、そのマニアックさ故に、どこかに記録を残さなくては、と思い、これを書いています。)

これは、私のワイン仲間であり、ワインの師匠でもあるお二人(T先生とH氏)、がコラボレーションして企画したワイン会です。
H氏が曰く、
「2002年のクロ・ド・ヴージョが評判がいいみたいだから、リリース直後から集めていたので、そろそろ検証のためのワイン会を企画したいと思います」
とのことでした。

補足説明しますと、クロ・ド・ヴージョ(Clos de Vougeot)は、ボルドーと並ぶフランスのワイン名産地ブルゴーニュ地方の歴史がある有名な特級畑の名前で、素晴らしい赤ワインを生み出すとされています。

ただし、この畑はとても広く、斜面の上の方と下の方では、全く条件が違う、上の方が下の方に比べて格段に良いワインを生み出す、と言われています。

また、数多くの作り手が、このClos de Vougeotのワインを生産しております。
それぞれの作り手によっても個性が豊かであり、それ故に、ひとことでClos de Vougeotといっても、ひとくくりにできない複雑さがあるのです。
また、玉石混淆とも言われていますね。

そこで、H氏とT先生は共同で、同じClos de Vougeot 2002年でも作り手(ドメーヌ、domaineと言います)によってどのように味わいが違うのか、あるいは共通点が見つけられるのか、を検証するワイン会を企画してくださいました。

H氏の判断で、以下の三回にわけてワイン会が行われました。
また、彼はそれぞれのドメーヌがClos de Vougeotのどのあたりの畑を所有しているのか、地図と航空写真を配布して下さいました。(頭が下がります。)

第一回
「伝統的な醸造法を継承している有名ドメーヌ」
1 Faiveley
2 Drouhin-Larose
3 Jean Grivot
4 Jacques Prieur
5 Charlopin
6 Meo-Camuzet
7 Rene Engel

第二回
「テロワールを尊重した、この地を代表する作り手」
8 Michel Noellat
9 Alain Hudelot-Noellat
10 Michel Gros
11 Gros Frere et Fils
12 Annes Gros
13 Chateau de la Tour

第三回
「テロワールより造り手の個性が感じられるドメーヌ」
14 Francois Lamarche
15 Gerard Raphet
16 Dominique Laurent
17 Louis Jadot
18 Mugneret-Gibourg
19 Robert Arnoux

以上です。
私は、ワインは大好きですが、まだまだ飲み比べてどうこう言えるほどの経験がないので、講評などはとてもできません。
ですが、私なりに、それぞれのドメーヌは個性があって、楽しめました。
それぞれの参加者によって、感想も異なり、それがまた面白かったですね。

それにしても、これほど取り揃えたワイン会というのは、私も生まれて初めてでした。
良い経験をさせて頂きました。

とはいえ、気楽にガバガバ飲んでしまった、です^^。
[PR]
# by musignyblanc | 2008-09-17 17:47 | ワイン

論文を書く順番

ちょっと前に書きましたように、MusignyBlancは今、論文を書いています。

論文の書き方は、どうやら人それぞれで、私の回りを見渡しても、いろんな人がいらっしゃいます。

MusignyBlancの場合は、だいたい決まっていて、
1 最初にResults (実験結果ですね)を書き、
2 次にDiscussion (結果に基づいて、いろいろ議論する)
3 その次に Introduction (いわゆるイントロですね)
4 最後に Summary (要旨)
です。

そして上記1~4の途中の、ヒマな時、飽きたときに、
Material & Methods (方法)、 Figure legends (図の説明)、reference (引用文献)などを書きます。

まず、Resultsを書きながら、各図をつなぐ論理の糸をどのように紡いでいくことができるのか、を熟考します。
それを基に、じゃあ何をあぶり出すことができるのか、を考えて、それをDiscussionにする。
そして、Results, Discussionを見渡して、この論文の置かれている歴史的位置のようなものを考えて、Introductionを書きます。
Summaryは短いのですが、一番苦労するところです。少ない字数に、いかに言いたいことを過不足なく書けるか、ですからね。

ただ、これは必ずしも一般的なものではないようで、
私の元同僚は
まず、Introduction, 次にDiscussion, 最後にResultsと言っていました。
(Summaryはいつかは聞きそびれました。)

まさに人それぞれですね。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-14 00:16 | 研究

ワイン会

ワインが好きな人たちは、良く「ワイン会」なるものを行います。

ワイン会、というのは大きく以下の3種類あります。

1  輸入企業や酒造メーカー、あるいは地域の酒屋さんなどが主催するワイン会。

これはこれで、情報を仕入れるという意味では悪くないのですが、「楽しい」とかそういうものではないので、私はほとんど参加しません。決められた会費を払うことになりますね。

2  個人が、あるテーマでワインを揃えて主催するワイン会

ご自分で、ワインを何百本も持っていらっしゃる愛好家の方が主催するケースが多いです。飲みたいワイン、興味のあるワインが沢山あるので、値段の安いワイン出荷直後に購入しておき、数年ワインセラーの中で寝かせて熟成させてから、頃合いを見計らってワイン会を開く。
ワイン代および食事代を合わせた会費を、主催者が徴収するということが多いです。

 例えば、同じ畑、同じ作り手のワインを、作り年を変えて飲み比べる(垂直に飲むと言います)とか、逆に、同じ作り年のワインを、畑や作り手を変えて飲み比べる(水平に飲むと言います)とか、かなりマニアックにワインを揃えて飲むことが多いです。

これですと、垂直に飲み比べる場合には微妙な作り年(ヴィンテージ)の特徴の差を把握することができますし、水平に飲み比べる場合には、畑や作り手の特徴を知ることができます。

これって、実験に似ていますね。条件を振る変数を一つにして、それ以外の条件を統一する。さらにしっかりとコントロールを取る。ということです。

このワイン会は、気の良いメンバーが集まればとても楽しいですし、またとても勉強にもなります。

3  持ち寄りワイン会
私はこれが一番好きです。これは、気の合う仲間達が、それぞれ一本ずつお気に入りのワインを持ち寄って、開催されるものです。テーマを決める時と、決めない時があります。テーマとはたとえば、「フランス・ブルゴーニュ地方のワイン」とする場合もありますし、さらにマニアックに「ブルゴーニュ地方のジュヴレ・シャンベルタン村のワイン」特集、などということもあります。あるいは、「傷んでいるかもしれない不安なワイン特集」などという、イロモノワイン会も^^

会費は、料理代だけですね。ワインは持ち寄りですから。最も気軽に安価に楽しめる形態です。

この会の場合、どんなワインを持って行くのか、行くべきなのか、いろいろ駆け引きもあるのですが、そこに性格が出てきて、それがまた楽しい。まず、何を持ってきたのか、何故それを持ってきたのか、で話題になりますし、さらに味わってみて、どのように感じたか、予想の味とどう違っていたか、またそれぞれ集められたワインの味わいの違いがどうなのか、など、話題はつきません。

まあ、ワインの話ばかりではなく、そこで話されるのは大半はヨタ話です。ワインはそのきっかけに過ぎないのですが、これが楽しいんですよね。

上記2、3のワイン会というのは、どこかなじみのレストランでやることが多いです。ワイン持ち込み可能で、しかも持ち込み料もあまり取らないところがいいですよね。そこのシェフと仲良くなって、シェフにもワインを楽しんで頂く、というケースが多いです。いつの間にか、そのシェフも仲間の一人となって下さいます。

ワイン会は定期的なものもありますし、突発的に開催されることもあります。
いずれにせよ、楽しいですよ^^。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-12 11:30 | ワイン

論文

今、自分の学生のための論文を書いています。
彼の二年半の成果で、なかなか良い内容のものに仕上がるのではないかと、期待しています。

学生さんに、「とりあえずでいいから、自分で論文を書いてみたら」と言ったのですが、書いてはくれません。なかなか難しいのかな。

英語であることも敷居が高いのかもしれませんが、それぞれの図で言えることをつなぎ合わせて、一本の筋のある論文にまとめるのは、簡単ではありません。私も、どうせ学生さんが書いてきた原稿は使いものにはならないのはわかっているので、最初から自分で書くのは全くいやではなく、学生さんがいやがるとついつい自分で書き始めてしまうのです。MusignyBlancが最初に書いた論文(学位論文となりました)だって、まったくうまくは書けませんでしたから、学生さんがとりわけできないとかそういうことではなくて、うまくかけないということ自体は普通のことです。

ただし、将来研究で身を立てていこうと考えているのであれば、いつかは論文を書けるようにならないといけませんよね。そのためには、まったくうまく書けなくても、とりあえず書いてみる、という経験はどこかの時点では必用でしょう。私が厳しく、「必ず自分で書かなくてはダメだ」と強制しなかったことが、もしかすると彼の成長のチャンスを逃させてしまったかもしれない。

なかなか難しいですね。
次の論文の時には、彼には必ず自分で書いてもらうことにします。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-11 18:40 | 研究

新しい町

MusignyBlancは今年、新しい町へ引っ越してきました。
新しい町での一人暮らしですし、仲の良かった友人達の多くとは離ればなれになってしまいました。

とはいえ、これはチャンスと言えばチャンス。
第二の人生を大いに楽しもうと思っています。こちらで新しい仲間を見つけて、新しいことにチャレンジして、とにかく充実したライフを送りたい。

大学生時代には、「やるかやらないか、迷ったら、必ず実行すること」をモットーとしていましたが、それをまた復活させたいな、と。失敗しても、後悔はしませんでしたからね。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-10 20:13 | 自己紹介

これから、よろしく

ここまでのカキコがワイン中心になってしまったので、ここでは話題を変えます。

MusignyBlancは、昨年まではとある大学の助教をしていましたが、今年からは別のところへ移って、独立しました。まだ、研究室は立ち上げ段階ですが、それなりに楽しくやっています。

やはりいろいろ苦労はありますけどね。
これからは、研究についての話題も書いていこうと思っています。もちろん、研究、ワイン以外の話も。

でも、イロイロ書いていくうちに、本性の一部であるエロエロが出ないように気をつけなくては!。まあ、たまにはお許しを。。。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-10 19:58 | 自己紹介

ワインの値段

実は、ワインというのは非常に高価である。
私は、もともと学生時代からお酒が好きで、特にビール、日本酒、スコッチウイスキーなどは日常的に飲んでいた。特に、一時期は日本酒にハマって、それこそいろいろな地方の有名なお酒を飲んだものだ。

日本酒も、本当に美味しいものは美味しい。感動的ですらある。4号瓶サイズの日本酒の場合、5千円も出せば、最高級の日本酒を手に入れることができる。日本で最高級ということは、同時に世界で最高級ということでもある。その世界最高の日本酒が、わずか5千円で手に入るのである。(でも、日本酒の場合、5千円も出すのはかなり心理的抵抗があるのだが。)

ワインの場合はどうであろうか?。
日本酒の4号瓶はワイン一本とほぼ同じ量である。しかし残念ながら、5千円では、世界最高のワインは手に入れることはできない。それどころか、10倍、あるいは100倍の値を付けるものもある。どちらも世界一なのだから、日本酒でもワインでも、それ自体の美味しさ、という点では変わらないかもしれない。

だけれども、最近は専らワインにハマっている。
効率悪いな、と思いながらも、妙に納得している自分がいる。

う〜ん。
もちろん、高価なワインは滅多に飲みませんよ!
それに、ワインというのは不思議な飲み物で、高価でなくても、一本千円くらいのワインでも、それぞれのレベルで感動があるんだよなあ。それもまた、ワインの魅力かもしれない。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-10 19:24 | ワイン

ワインの魅力

最初にここで宣言しておくが、私はワイン歴はまだ4年なので、ワインのことにはさほど詳しくはない。それでも、以下のようなクエスチョンを立ててみた。

ワインの魅力って何だろう?

実は、これに対する私の答えは決まっている。
「仲間」である。

良き仲間と一緒に飲んで、騒いで、語り合って・・、そういう素晴らしい時間と空間を共有できる場を与えてくれる、それがワインの魅力である。あるいは、ワインを介して新しい仲間ができること、もワインの魅力であり力である。

恐らくは、日本酒でも、ウイスキーでも、何でも同好の士が集まれば、同じような空間は生まれるのかもしれない。でも、ワインには、その背後に多くのドラマがあり、ストーリーがある。(これについては、いずれ詳しく書くとは思うけれども)、これが、我々の会話を弾ませ、またコミュニケーションを重層的にしていくのである。このコミュニケーションの過程で、お互いの人となりも知ることができるし、感性の重なりも感じることができる。

とはいえ、ワインはその複雑性から、とかく「ウンチク」を語る道具として見られる嫌いもある。私も、単なる自己宣伝や自分の知識をひけらかす目的でのウンチクは好きではない。確かに、いろんなワイン会に行くとそういった方も少なからずいるが、辟易してしまうことも多い。でも、一生懸命ウンチクを語る姿が、逆にどこかカワイイというか、そう感じさせられる時もあるから、不思議なものである。

私は、本当にワインを愛している人が好きである。そういう人たちは、ワインを道具として扱わないから、ウンチクをさほど語らない。私は、過去4年間のワイン歴の中で、幸運にもそのような素晴らしい仲間を数多く得てきた。また、ワインを飲み続けていく上で、今後もやはり素晴らしい仲間に出会えるであろうと期待している。それが、私にとっての「ワインの魅力」の全てである。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-10 19:12 | ワイン

ブログ開始

「最近、めっきりと物覚えが悪くなってきたような気がするんだよねえ・・。」

知り合いの脳科学者にそう言うと、「まだ加齢による記憶力低下を感じるには早い年齢だ」という。だとするならば、と考えると、思い当たることが。。。

「もしかしたら、飲み過ぎのために、脳がアルコールでやられてしまったのかも・・・」。

確かに自覚はある。
大学生のころからお酒は大好きで、毎日のように飲んでいたし、それどころかここ4年ほどはワインの魅力にとりつかれていて、ますますお酒の魅力からは逃れられそうにない。う〜ん。

そしたら突然ひらめいた!。
「自分の脳で覚えられないのならば、外に記録を作れば良いじゃあないか。」

ということで、このブログを始めることになりました。

思いつくままに、研究のこと、ワインのこと、その他なんでも、備忘録として書き綴っていこうかと思っています。なるべく長続きするように、肩の力を抜いていきます。
[PR]
# by MusignyBlanc | 2008-09-10 18:34 | 自己紹介