MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

家飲みワイン、その3

1 De Muller Chardonnay (De Muller) 2008
f0184200_21411092.jpg

これ、値段はなんと税込み1400円。。。。
スペインのワインなんだけれども、味わいはACbブルのいいやつに匹敵します。値段から言っても、コスパは最高。。。。。そこそこ力強いんだけれども、ニューワールドのシャルドネほどには樽をきかせていなくて、そこそこさりげない。でも、南国であるからか、力強さもある。これは凄い。。。

しかも、飲み終わった後の窒素充填も忘れて、室温に放置しておいたのに、翌日になっても味が変わっていなかった。。。。強さも兼ね備えているのである。。。。これは、家の常備安旨ワインとしても良いなあ。。。。とはいうものの、購入したお店にまだ残っているんだろうか?。二本買ったのでまだ一本は残っているけど。

2 Chambolle Musigny V.V. (Hudellot Baillet) 2007
f0184200_21413850.jpg

人気のユドロ・バイエ。ポテンシャルは感じるんだけれども、まだまだ飲み頃には早かった。タンニンがガチガチ。。。。一週間くらいしたら、かなり美味しくはなってきたが。。。。

3 Gevrey Chambertin (Dujac Fils et Pere) 2006
f0184200_21432961.jpg

デュジャックのネゴシアン。
ドメーヌモノに比べれば、かなり安かったのですが。。。。
味わいは、なかなかのものがありました。しっかりと、ブル赤らしさ、そしてジュヴシャンらしいテロワールを感じさせてくれました。
デュジャック特有のマツタケ香も、値段の安さにしては、しっかりとありましたしね。
コスパは高いと思います。
[PR]
by MusignyBlanc | 2010-04-04 21:54

家飲みワイン、その2

1 Bourgogne Blanc (Louis Latour) 2007
f0184200_21265636.jpg

税込み2100円とお買い得でしたが、十分、ブル白としての飲み応えはありました。ややあっさりした感じはありますが、でも、ミネラル感と奥行きも時間が経過すると出てくる。。。コスパ的には悪くない。。。。でも、もっといいのを見つけましたけどね。(後述)。

2 Bourgogne Pinot Noir Le Bon (Barollin) 2007
f0184200_21271718.jpg

初めて飲む造り手です。税込み2500円。昨今の、ACブルが赤も白も軒並み3000円を超えるようになてしまったので、それよりも安いのを見つけるとついつい買ってしまうクセがついてしまいました。
味は。。。。さほど強い個性はありませんが、十分にブル赤として楽しめるくらいの味わいはありました。

3 Bonnes Mares (Louis Jadot) 2004
f0184200_21275629.jpg

さすがにこれはデイリーワインというわけではありません。
ちょっとしたお祝いがあったので、開けたんですよね。。。。
素晴らしい味わいでした。ジャドというと、長熟で、若いうちはタンニンが固くて飲みにくいというイメージなんですが、意外とこれは今でも十分に美味しい。果実味と重厚なタンニンがマッチしていました。海外のサイトで安かったので、思わず購入した一品。
[PR]
by MusignyBlanc | 2010-04-04 21:39 | ワイン

最近飲んだ家飲みワイン

ここのところ、すっかり書き込みをさぼっていましたが、でも飲んでいなかった訳ではありません。
というか、かなり飲む機会が増えてきました。

最近良くやるのは、数日間に分けて飲む方法。

ボトルを開けても、飲むのは2杯くらいにしておく。そして、窒素充填した後に、冷蔵庫で4度保存。これをやると、品質がほとんど傷まないので、一週間くらいは持ちます。古酒とかだとそうはいかないけれども、安くて若いデイリーワインであれば、それで十分。

ですから、一日に何種類も飲めてしまう。まずは白を1、2杯。そして、赤に行く。ピノノワールを飲んでいたのが、シラーも飲みたくなったら、ローヌを開ける。。。。みたいな。。。

一人ワインバー状態ですが、これがなかなか楽しい。
最近は、家に帰って、この「一人ワインバーごっこ」をするのが楽しみになってきました。家に帰るのが楽しみなんですよね。


ま、それはともかく、最近飲んだワイン達の一部をアップします。

1 Corton (Louis Latour) 2000
f0184200_2117298.jpg

ルイ・ラトゥールの特級、コルトン。。。。美味しくない訳がないでしょう。
しかも、値段が税込みで6000円弱。信じられないくらいの安さです。。。

思わず2本買ってしまいました。。。
さて、味わいは。。。

うん?。な、なんか薄い。。。。美味しくない訳ではないんだけれども、でも特級のコルトンと思うと、とても物足りない。。。。6000円と思えば、値段相応なんだけれども。。。。なんかなぁ。。。。そういえば、「6000円弱でコルトンが買えたんです!」T先生に報告したところ、ルイ・ラトゥールのコルトンには二種類あって、ただのコルトンはそれなりで、コルトンなにがし、という名がついている方が良いものなんですよ、と言われたんですよね。。。。。
安物買いの・・・、って感じでした。

でも、もう一本あるんだよなあ。いつ開けようか。。。

2 Chateau Cantemerle 2000
f0184200_21172269.jpg

ボルドー、メドック5級です。
MusignyBlancはブルゴーニュを多く飲むものの、昨年はボルドーその他を学びましたから、いろいろ飲んでは見たい。しかも安めに。。。あまりすごくは値段を高くはかけたくない。。。

このワイン、税込みで5000円でした。
それなりに根が張りますが、でも初めて飲む格付けワインですから、しかもビッグヴィンテージの2000年だから、まあいいか、ということで購入。。。。

飲んでみると。。。。
なんか、ビオの還元臭というか、いやな臭いが鼻を突きます。う〜ん。
まあ、気にしないようにと思えば大丈夫なんだけれども。。。
そもそも、この造り手がビオなのかどうかはわかりません。でも、独特なあの臭いが鼻につくんだよなあ。。。。
構造はそれなりにしっかりしていましたが。
あまり気に入らなかったので、窒素充填してすぐに冷蔵庫へ。。。。

数日して飲んでみたら、臭いが気にならなくなって、なかなかの味と香りになりました。それから数日は、メドックを一杯ずつ飲むという、贅沢な日々が続くことに。。。。

3 Vosne-Romanee 1er Cru Les Chaume (Daniel Rion) 1988
f0184200_21175365.jpg

これはアメリカから直で入れたやつ。ドルだてだったんだけれども、かなり割安だったんですよね。ヴィンテージもさほど悪くないし、、、きっと美味しいだろうと思ったんですが。。。。

これは、ややピークを過ぎていました。というよりも、そこまで実力のあるワインではなかったのかもしれない。たとえ1988と古酒でも、本当に力のあるワインだと、熟成がきれいに進んで、力強さとエレガントさが両立するんですが、このワインは残念ながらそこまでの力はなかったようです。

以前、Jean Tardyの同じ畑の1985を飲んで感動したんですが、ヴィンテージの差か、造り手の差かわかりませんが、全く別物でした。まあ、値段も倍以上違ったんですけれども。。。。値段から言えば、文句の言えない味わいではありましたが。
[PR]
by MusignyBlanc | 2010-04-04 21:25 | ワイン