MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー

<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

私が以前いた町では、とあるワイン好きのT先生が主催するブルゴーニュ・ワイン会にずっと参加させて頂いていました。以前、クロ・ド・ヴージョ特集を組んだのと同じ流れのワイン会です。これは、T先生が集められたワインコレクションから選ばれたワイン達を、食事と一緒に楽しませて頂く、という会費制のワイン会なのですが、先日はいつもと違って、私がワインを提供する役回りを仰せつかりました。

参加者は私を含めて全部で8名。私以外は、全て例外なくワインの達人です。皆さん、年齢は様々ですが、すべて私の良き友人であります。

T先生はありとあらゆるブルゴーニュワイン飲んでおられて、家には数百本のブルゴーニュの銘酒を集めておられます。この会のドンですね。

HBさんは、この町の女性で初めてシニアソムリエの資格を取られた方で、ありとあらゆるワインに詳しく、今はワインショップで働いています。

Sさんは、ワインショップを経営しておられますが、今から30年も前からずっとワインを飲んできておられる、達人の中でも最もワイン歴の長い女性です。

M女史は、このブログで以前も登場されましたが、某大手企業の秘書さんです。イギリスのソムリエの資格を持っておられます。

Aさんも、同じイギリスのソムリエの資格を持っておられます。私の通っているワインスクールのずっと前の先輩でもあります。このブログにも、以前登場しています。

Hさんは、ある素敵なレストランのソムリエ兼支配人です。MusignyBlancと同い年で、気の合う友人です。ボルドーマスターの異名を取るように、ボルドーが最も得意だそうですが、しかし私が見るところ、ブルゴーニュに対する造詣もあまりにも深いです。

TO先生も、ボルドーに詳しく、またボルドーをこよなく愛しているのですが、そのくせ、このブルゴーニュのワイン会にも良く参加されております。相当なボルドーコレクションを持っているという噂です。

こんな恐れ多い鉄人達を相手に、ワインを提供するのですから、無謀以外の何物でも無かったのですが、まあ不評だった場合にはそんな私に依頼されたT先生が悪い、と開き直ってやりました。

今回は、参加人数と本数の関係で、シャンパンは無し。
そして、白はPuligny-Montrachet (ピュリニー・モンラッシェ)村、赤はVosne-Romanee(ヴォーヌ・ロマネ)村またはすぐ隣村のEchezeaux (エシェゾー)、の古酒、とテーマを絞りました。もともと、MusignyBlancはブルゴーニュの古酒が好きですから、そういうのを集めていたということもあります。

ワインリストは以下の8本。

白ワイン
1 Puligny Montrachet Clos de la Mouchere (Jean Boillot) 1990
2 Puligny Montrachet Les Perrieres (Etienne Sauzet) 1990
3 Batard Montrachet (Louis Jadot) 1982

赤ワイン
4 Echezeaux (Faiveley) 1992 ブラインド
5 Vosne-Romanee Les Beaumonts (Emmanuel Rouget) 1993
6 Echezeaux (Jayer-Gilles) 1992
7 Echezeaux (Daniel Bocquenet) 1991
8 La Romanee (Bouchard) 1968

今回のようにワイン提供役になると、皆さんの反応が気になって、ワインをじっくりと味わうという訳にはいきませんでした(苦笑)。とはいえ、もちろんそれなりにちゃんと堪能しましたよ^^。

1 Puligny Montrachet Clos de la Mouchere (Jean Boillot) 1990

これは、T先生が数年前に飲んだ時にとても美味しかったからまた飲みたい、と強く希望されたので、提供しました。ですが、残念ながら軽いブショネ。。。とはいえ、本当に軽かったので味わいにさほど影響する程ではなかったのですがね。私は最初は気づかなかったのですが、途中で気がついて、もしかしてブショネ?、と皆さんに聞いたら、当然のごとく皆さん気がついておられて、でも私に気を遣ってあえてそれには言及しなかったようです。でも、なかなか好評でしたよ。

 少し濃いめのつやのある黄金色。軽いブショネはあるが、洋梨の香り。意外と酸はしっかりしていて、旨味が広がる。酵母っぽい香りと味もかすかにした。

2 Puligny Montrachet Les Perrieres (Etienne Sauzet) 1990

これは、かなりダメージをうけていた。おそらく輸送やどこかの時点で、熱が入ってしまったのだろう。ソゼのピュリニーは、この年代のは恐らくは10本以上飲んだことがあるけれども、もっと酸がしっかりしていたからである。ただし、古酒好きのMusignyBlancとしては、この不自然に熟成した感じの味が、実はストライクゾーン。私以外の全員はこのダメージを受けたワインに若干辟易していたが、私としては本当に美味しかった。さすが、ダメージを受けてもソゼのワインはしっかりと旨味があるのである。MusignyBlanc一人が感動していた。。。

オレンジかかった琥珀色。酸は強くない。オレンジの皮のような味と香り。丁度料理にオレンジの皮が使われていたので、偶然だが良くあっていたように思う。

3 Batard Montrachet (Louis Jadot) 1982

これは一番古いんだけれども、2と違って、本当に健全に熟成していた。1がブショネ、2がダメージだから、この日初めての健全なワインと言える(苦笑)。皆さん、これが一番評価が高かった。かなり喜んでもらえたのではないかなあ??

こげた黄金色。粘度高い。アタックが強くてどっしりしている。口の中で、膨らみ広がる。酸が弱いかなと思ったら、口に含んでしばらくすると、実はしっかりと残っていることがわかった。

4 Echezeaux (Faiveley) 1992

これはブラインドで提供した。
さすがに、地域、ヴィンテージ、造り手など全てを当てた人ないなかったが、それぞれのジャンルで必ず誰かは当てていた。

かなり状態が良く、なかなか力強かったので、2000年代と間違う人もいたくらい。旨味たっぷりでした。

5 Vosne-Romanee Les Beaumonts (Emmanuel Rouget) 1993

このワインは、私が神のようにあがめているワインの達人(このワイン会には出席していませんが、やはりソムリエの資格を持っている料理人さんです)から、「まだ早いから出さない方が良い」とアドバイスされていたワインです。その達人は、私に影響を与えた無類のブルゴーニュの古酒好きであります。ただし、早飲みが好きなT先生の希望もあって、この日に提供する事となりました。

健全な赤紫。フチはレンガ色だが中心部はガーネット色。まだタンニンが強く、酸もしっかりしていて、MusignyBlanc的には「やはり早かった」。あと10年は置いておきたかった。とはいうものの、私以外の皆さんは、「確かにまだまだ熟成に耐えるけれども、今が飲み頃。とても美味しい」とのこと。

6 Echezeaux (Jayer-Gilles) 1992

T先生がおっしゃるには、この日に最も期待していたワインは、このジャイエ・ジルのエシェゾーであったそうです。これは、色も濃くて黒紫。まだまだ元気で、煮詰めたジャム、スパイシーな香りと味わい。パワフルで、開けるのが早過ぎたかもしれませんが、かなり評判が良かったです。

7 Echezeaux (Daniel Bocquenet) 1991

今回のワインリストはヴィンテージを若い方から並べたのですが、一部のメンバーから、ジャイエ・ジルの後にダニエル・ボクネを持ってきたら、ボクネがかわいそう、という意見が出ていました。ですが、実際に飲んでみると、確かにジャイエ・ジルのようなアタックの強さはありませんが、エレガントで、丸みもあって、風味旨味もある。スケールは大きくないかもしれませんが、意外と好評でした。

8 La Romanee (Bouchard) 1968

さて、この40年前のワインがちゃんと生きているだろうか?
少し心配していたのだが、以前飲んだ1972のラ・ロマネもとても美味しかったので、期待していた。
コルクを抜いてみると、そこでSさんが・・・・

「このコルクには印字がまだ縦に書いていない。これは、このブシャールの最近の印字とは違うから、リコルクされていないということを意味しています。40年も経つのに、このコルクはかなりしっかりしているし、このワインの状態も素晴らしい」とおっしゃいました。なるほど、昔から飲んでおられるSさんの、流石な意見。。。。

確かに、レンガ色ではあるけれども、力強さのある色。味もなかなかしっかりしていて、でもきれいに熟成しているので、シルキーな感じ。古酒好きのMusignyBlancでなくとも、皆さん喜んで下さったようです。

というわけで、とりあえず大任を終えて(無事に終えたかどうかは置いておいて^^;)、ほっとしているMusignyBlancでした。

でも、こんな達人達にワインを提供するなんて無謀でしたけれども、とても楽しかったですよ^^。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-30 02:50 | ワイン

諸般の事情

実は、諸般の事情があって、最近では自分の仕事や研究に関することをこのブログに書くのを控えようとしています。もうすでに、そんな傾向にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが。。。
私としては残念なのですが、しばらくはそういうこととなりそうです。

そのせいで、ここのところの記述がワイン中心となってしまったというのもあります。決して、仕事をしていなかった訳ではありませんので(汗)。

今まで、仕事や研究関連で興味を持って下さって、このブログを訪れてくださった皆さん、申し訳ございません。これからは、ワインだけではなくて、時事問題など自分が興味を持ったことについても書いて行きたいと思っていますので、もしもよろしければ引き続きおつきあい頂けましたら幸いに存じます。ペコリ -_-;。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-27 07:30 | 研究

ワインリスト

先日のワインクラス会でのワインリストをアップしておきます。
これについては、もしかすると少し詳しく更新するかもしれませんが。
場所は、とある洋食系のレストラン。

シャンパン
1 Pierre Moncuit Demi-Sec Blanc de Blancs NV

白ワイン
2 Yarden Chardonnay 2006  (イスラエルのワインだそうです)
3 Chassagne Montrachet 1er Cru Clos-Saint-Jean (Michel Colin-Deleger) 1992
4 Alsace Leon Beyer Riesling 2006
5 Alsace Gewurztraminer “Hugel” 2006

赤ワイン
6 Fixin 1er Cru Clos de la Perriere (Joliet) 2004
7 Moulin-a-Vent “Cuvee Janick” (Dalicieux) 2001
8 Leyris Mazien Rouge 2004 (自然農法だそうです)
9 Bacqueyras Clefs des Murailles 2006
10 Chateau Cap de Faugeres (Cotes de Bastillon) 1999
11 Grato Grati Vino Rosso Toscano da Tavala 1979 (Vecchia Annataとラベルにありましたが、これは古酒という意味だそうです。品種はサンジョベーゼ)
12 Cabernet Sauvignon Reserve (Robert Mondavi) 1999
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-26 17:54 | ワイン

ヌーボー 二本目

今年二本目のボジョレ・ヌーボーを開けました。

Beaujolais Villages Nouveau (Domane de L'Acestra) 2008

このラセストラという造り手はビオディナミかリュットレゾネかわかりませんが、とにかく有機農法で造っているところらしいです。もともと果実味豊かなボジョレ・ヌーボーがさらに、香り高くフレッシュでフルーティーになっていました。これはなかなか美味しい。
ビオ独特の香りも無く(まだ新しいからでしょうか?)、とても美味しく楽しめました。
今年のヌーボーはなかないいいんじゃないでしょうか?
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-25 00:12 | ワイン

ボジョレ・ヌーボー2008

遅ればせながら、ボジョレ・ヌーボーを購入して飲んでみました。
参加したかったヌーボー・パーティーに出損ねたので、寂しく一人パーティーです^^。

ここ数年は、いろいろ飲み比べて、やはりルロワが一番美味しいなあ、という感想だったのですが、残念ながら今年はいつもの酒屋さんにルロワは売っていませんでした。
そこで、飲んだのが・・・

Beaujolais Villages Primeur V.V. Nouveau 2008 (Josephe Drouhin)

ドルーアンのヌーボーでした。
Villagesですし、VVですから、少し高級なやつのようです。

華やかで、香りも豊か、酸は結構強くて、ふくよかなテクスチャあ。
なかなか美味しいヌーボーでした。十分合格点です。
今回は、料理に合わせるでも無く、これ単体で楽しんだのですが、どっちでも美味しく飲めそうです。

でも、昨年、一昨年飲んだルロワには及ばないなあ。。。。華やかさの質と量が違う。
でも、2008年のヴィンテージのせいかもしれないし。。。
今年も、ルロワのヌーボーを飲んでみたかった。

違う造り手のを、あと2本くらい買ってきたので、時期を見て、開けていこうと思っています。
10年前とかと比べて、ボジョレ・ヌーボーが格段に美味しくなってきたような気がするのは、気のせいでしょうか?。選んでるからかもしれないけれど。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-22 23:56 | ワイン

帰ってきました

ドア・トゥー・ドアで30時間弱の移動でしたが、なんとか帰ってきました。

狭い席だったので、寝れたような、寝れなかったような、ですが、まあ今は落ち着いてワインを飲んでいます。

Bourgogne Rouge (Louis Jadot) 2006

いつも飲んでるワインですが、アメリカではブルゴーヌワインはほとんど飲んでいませんでしたから、新鮮ですね。自分のホームに帰ってきたという安心感もあります。
明日、朝7時半から予定が入っているので、早く寝ないと行けないのですが(今、午前2時くらいです)、時差のせいで全く眠くなりません。まだのみが足りないか?笑

とはいえ、長旅で疲れていることは確かなので、そろそろ休むこととします。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-22 02:08 | 自己紹介
今、空港のゲートで飛行機が来るのを待っています。
こんなところでも、無線LANが走っていて、5ドルでつなぐことができるんですね。
便利な世の中になったものです。かなりヒマなので、ブログに書いています。

さて、今日は11月の第三木曜日ですから、ヌーボーが解禁される日のはずです。
今頃は日本でも、盛大にパーティーが行われているところでしょう。
私、MusignyBlancも、今回の出張のために、今日行われるヌーボー・パーティーにタッチの差で参加することができませんでした。きっと、みんな楽しんだんだろうなあ。。。。

去年、一昨年と、ここのところ毎年ヌーボーを何種類か飲んでいますが、ちょっと高いけれどもルロワのヌーボーが一番美味しかったのを覚えています。フレッシュで、果実味が溢れていて、みずみずしい味わいでした。素晴らしいフルーツと花の香り。。。。
ヌーボーというと、ちょっと小馬鹿にされることもありますが、侮れませんよー。
その他、日本人(仲田さん)がやっているネゴシアンのル・デューモンも美味しかったような記憶が。。。

通路に面していないエコノミークラスの座席に14時間もすし詰めのはずだったので、気が重かったのですが、少し早めに空港に来て交渉したら、ちょっと広いエコノミー(エコノミープラスというそうです)で、なおかつ通路側に変更してもらえました。一安心です。

何故安心かって?
通路に面していないと、そう頻繁にトイレに行けないので、機内で落ち着いてワインが飲めないではありませんか・笑。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-20 23:22 | ワイン

ワインショップ

今日は、午前中に時間が空いたので、近所の酒屋さんへ行ってみました。

大きなワインショップは、郊外にあるみたいなのですが、今回はレンタカーを借りていないということ、そして時間的な余裕があまりなかったことから、とりあえず近所のワインショップを覗いてみることに。。。
f0184200_9232595.jpg


デイリーなワインが多くて、スペシャルなものはあまり多くありません。まあ、町のワインショップなのだから、そんなものでしょう。
でも、Opus One 2002が180ドルくらいで売っていました。これは、日本で買うのに比べて少し安いくらいなのでは?。すごく安い、ということはないですよね?

逆に、フランスワインはそんなに多くはなかったのですが、でも、日本で買うよりもかなり安いと思いました。
例えば、
Chambolle Musigny 1er Cru les Charmes (Ponsot) 1997 が65ドルくらいでした。
その他、Dominique Laurent (ドミニク・ローラン)のChambertinなどが、やはりかなり安く売っていました。100ドル以下だったと思います。

とはいうものの、せっかくアメリカに来たのだから、ということで、フランスワインを買うのは我慢して、アメリカワインを数本買いました。お店にセラーとかがあるわけではなかったので、保管状態にやや疑問もあり、熱に弱いピノ・ノワールを避けたということもあります。

とはいうものの、アメリカのワインのことはほとんど何も知りません。
適当に、エイヤッ、と買ってしまいました。
まあ、それも旅の楽しみです。日本に帰ってから、飲んで検証してみたいと思います。

今晩は、ちょっとした食べ物と、
Estancia Pinot Noir (Pinnacles Ranches) 2006
を飲みました。
カリフォルニアのモントレーのワインのようです。

モントレー(Monterey)はMusignyBlancがかつて住んでいたところ(Stanford)から車で2時間ほどのところです。有名なペブル・ビーチ・ゴルフクラブがあったり、今話題のクラゲで有名な水族館があったりする、海岸線が美しい風光明媚な景勝地です。
私も、何回も遊びに行きました。
潮風に吹かれながら長汀曲浦を歩いて、どことなく感傷的になったのを覚えています。

まあ、そんなことも思い出しながら、味わってみました。
やはり、アメリカ的で、繊細というよりはかなりバタついた感じの濃い味。
こういう方がアメリカでは受けるのかなあ。。。
16ドルくらいだったので、高級な味のはずはないのですがね。でも、これはこれでそれなりに楽しめました。

そうそう。こっちの人に大統領選挙がどうだったのかとかも、聞いてみました。
やはり、皆さんそれぞれの感想でしたが、関心は皆高かったです。
ペイリンさんに対しては、辛辣な意見が多かったですね。登場したばかりの時は人気が出たようですが、その後はお笑いのネタになっていたようです。バラエティ番組でも皮肉られていたとか。。。

報道は相変わらずオバマ一色です。
組閣に注目が集まっています。クリントン時代のメンバーの多くを重要閣僚にしようとしているとか言っていますね。それと健康保険制度ですか。かつて、ヒラリー・クリントンが取り組もうとした課題でもあります。
なかなかショッキングだったのは、政府の緊急援助(bailout)がなければ、世界最大の自動車会社GM(ジェネラル・モーターズ)が倒産する、という報道でした。そこまで追い込まれているとは。。。

ちなみに、コマーシャルでオバマの記念コインの宣伝がされていました。人気ありますねえ。

さて、明日は帰国です。
空港でいろいろお土産を買わなくては。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-20 10:06 | ワイン

滞在三日目

昨晩は、時差のせいか、夜はとても眠くて12時にはベッドに入りました。
ところが、午前3時半くらいに目が覚めて、それからしばらくは全く眠れなかったので、午前6時半にラウンジに行って朝食を取りました。
MusignyBlancはこのホテルチェーンの会員になっているので、ラウンジは使い放題なのです。

そして、まだ仕事まで時間があったので、午前7時半くらいから一眠り・・・・
と思っていたら、相当に寝過ごしてしまった。。。

ギリギリだったので、タクシーに飛び乗って、会議場まで直行。。。
何とか間に合ってことなきを得たのですが、肝を冷やしました。

何人かのサイエンティストと知己になったりして、なかなか有意義な仕事を終えてから、今日も夕食へ。とはいっても、今日は中華料理でした。

中国ビールを飲んだあとは、メニューにあったChinese Wine、なんのことはない、老酒のことですが、これを飲みました。料理は、ペキンダックをはじめ、なかなかの珍味がテーブル一杯に並んで(載りきらなかった)、食べきれませんでした。でもさすがそこは中華、どんな料理もちゃんと美味しい。今晩も、おなか一杯まで食べてしまった。。。

アメリカは量が多いので、危険な国です。
明日も、昼食を抜こう。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-19 11:31 | 自己紹介

滞在二日目

今日は午前中のスケジュールが少し開いていたので、ちょっと散歩に出ました。

月並みですが、ホワイトハウス。

f0184200_13231757.jpg


3年前にも来ましたが、取り立てて今回がものものしい、というほどのこともありませんでした。のどかに、近くの芝生では、リスが遊んでいました。まだ、新しい大統領を迎えてはいないので、さほど慌ただしくはないのでしょうか。

ただし、ニュース番組などの報道はオバマ関連一色でした。

マケインとペイリンという、共和党の正副大統領候補がそろってCNNのラリー・キング・ライブに出演して新政権を讃えたかと思えば、オバマがヒラリーに国務長官などの重要ポストを打診したとか、オバマとマケインがアメリカ改革(reform リフォームと報道されてました)で協力することになったとか、そんなことが一日中報道されています。

日本関連では、CNNヘッドラインで10秒ほどですが、「世界第二の経済大国である日本がリセッション(景気後退)になってしまった」という報道がなされただけでした。。。あえて、「世界第二の経済大国」と言わないと、アメリカ国民にはそれと認識してもらえないほど、日本という国はプレゼンスが低いんだろうなあ、と変なところで感心したりして。。。。。

まあ、それはともかく、午後は仕事をしてきて、夕食は評判が良いというスペイン料理屋さんに行きました。そこは、ベセスダというワシントンの隣町にあったのでタクシーで行ったのですが、結構な渋滞に巻き込まれました。運転手さんによると、やはり大統領選挙などの影響で、少し町が混み合っているそうです。とはいえ、2、30分で到着。

メキシコ料理ならともかく、スペイン料理なるものはあまり食べたことはなかったのですが、そこはなかなか美味しかったです。イメージしていた地中海料理とも少し違うような。。。シンプルで素材を活かしたようなものが多かったですね。テーブルクロスもなかったので、それなりに庶民的なお店だったのかもしれません。

グラスの白を一杯飲んだ後(銘柄はわかりません)
赤を一本飲もうかということになりました。
どうせなら、スペインワインを飲みたかったのですが、銘柄を見てもさっぱりわかりません。
まあ、リオハなら聞いたことがあるので、その中でボーイさんにお勧めを聞いてみると、二つあるとのこと。
一つは、2001年の少し古いワインで、ミディアムボディでフルーティ
もう一つは、もう少し若いけれども、フルボディで渋みがあるもの
だそうです。
MusignyBlancは、少し古くて、しかもテンプラリーニョなどのぶどう品種のやや軽めのが良いかな(料理に合うかな)と思ったのですが、一緒に行った仲間はとにかく重厚なワインが好きなタイプだったので、結局後者を選択。

Rioja, Allende 2004

濃く黒みかかった紫。粘性が高くて、渋い。
酸は普通。
深みと広がりがあるが、まだ若いかな。。。

なかなか美味しかったです。
でも、リオハといえば、数十年も熟成させて枯れかかったキワキワのところのワインが好きなMusignyBlancとしては、幼児虐待と言わないまでも、ロリロリしていたかも。。。。

昨日もそうでしたが、今日もJet Lagに苦しんで、少しのワインで酔いがすぐに回ってしまいました。
明日には復活していることと思いますが。。。。
メタボ対策に今日は昼ご飯を抜きましたが、それ以上に食べてしまったかも。
明日は、控えめにしたいと思っていますが、美味しかったらついつい食べてしまいそうです。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-18 13:46 | 自己紹介