MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ワインショップ

今日は、午前中に時間が空いたので、近所の酒屋さんへ行ってみました。

大きなワインショップは、郊外にあるみたいなのですが、今回はレンタカーを借りていないということ、そして時間的な余裕があまりなかったことから、とりあえず近所のワインショップを覗いてみることに。。。
f0184200_9232595.jpg


デイリーなワインが多くて、スペシャルなものはあまり多くありません。まあ、町のワインショップなのだから、そんなものでしょう。
でも、Opus One 2002が180ドルくらいで売っていました。これは、日本で買うのに比べて少し安いくらいなのでは?。すごく安い、ということはないですよね?

逆に、フランスワインはそんなに多くはなかったのですが、でも、日本で買うよりもかなり安いと思いました。
例えば、
Chambolle Musigny 1er Cru les Charmes (Ponsot) 1997 が65ドルくらいでした。
その他、Dominique Laurent (ドミニク・ローラン)のChambertinなどが、やはりかなり安く売っていました。100ドル以下だったと思います。

とはいうものの、せっかくアメリカに来たのだから、ということで、フランスワインを買うのは我慢して、アメリカワインを数本買いました。お店にセラーとかがあるわけではなかったので、保管状態にやや疑問もあり、熱に弱いピノ・ノワールを避けたということもあります。

とはいうものの、アメリカのワインのことはほとんど何も知りません。
適当に、エイヤッ、と買ってしまいました。
まあ、それも旅の楽しみです。日本に帰ってから、飲んで検証してみたいと思います。

今晩は、ちょっとした食べ物と、
Estancia Pinot Noir (Pinnacles Ranches) 2006
を飲みました。
カリフォルニアのモントレーのワインのようです。

モントレー(Monterey)はMusignyBlancがかつて住んでいたところ(Stanford)から車で2時間ほどのところです。有名なペブル・ビーチ・ゴルフクラブがあったり、今話題のクラゲで有名な水族館があったりする、海岸線が美しい風光明媚な景勝地です。
私も、何回も遊びに行きました。
潮風に吹かれながら長汀曲浦を歩いて、どことなく感傷的になったのを覚えています。

まあ、そんなことも思い出しながら、味わってみました。
やはり、アメリカ的で、繊細というよりはかなりバタついた感じの濃い味。
こういう方がアメリカでは受けるのかなあ。。。
16ドルくらいだったので、高級な味のはずはないのですがね。でも、これはこれでそれなりに楽しめました。

そうそう。こっちの人に大統領選挙がどうだったのかとかも、聞いてみました。
やはり、皆さんそれぞれの感想でしたが、関心は皆高かったです。
ペイリンさんに対しては、辛辣な意見が多かったですね。登場したばかりの時は人気が出たようですが、その後はお笑いのネタになっていたようです。バラエティ番組でも皮肉られていたとか。。。

報道は相変わらずオバマ一色です。
組閣に注目が集まっています。クリントン時代のメンバーの多くを重要閣僚にしようとしているとか言っていますね。それと健康保険制度ですか。かつて、ヒラリー・クリントンが取り組もうとした課題でもあります。
なかなかショッキングだったのは、政府の緊急援助(bailout)がなければ、世界最大の自動車会社GM(ジェネラル・モーターズ)が倒産する、という報道でした。そこまで追い込まれているとは。。。

ちなみに、コマーシャルでオバマの記念コインの宣伝がされていました。人気ありますねえ。

さて、明日は帰国です。
空港でいろいろお土産を買わなくては。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-20 10:06 | ワイン