MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

初日の夜

ワシントン到着後、さすがに飛行機での長旅に疲れてしまったので、ホテルでうとうと寝ていました。

すると、電話が。。。。ジリリリ!

今晩も、食事の予定を入れていたのです。
急いで支度をして、ホテルの近くのシーフーードレストランへ歩いて行きました。

さすが、首都、なのか、アメリカにしてはそれなりに本格的なレストランでした。
そのレストランのスペシャルスープ(クラムチャウダーのような、それでいてカニ身の入ったような、変わったスープでした)と、ホタテの炒め物料理を食べてきました。ホタテは、アメリカなのにと言ったら失礼ですが、かなり美味しかったです。

二人だったので、ワインは1本半。

1 Taittinger Brut NV (ハーフサイズ) 
ハーフのせいで熟成が早かったのか、なかなか良い熟成香が漂っていました。

2 Frog's Leap Chardonnay 2007
カリフォルニアのナパ・ヴァレーのワインですが、少しお化粧したシャルドネという感じでした。酸はさほと強くありませんが、広がりはそれなりにあります。樽香は強すぎず、そういう意味ではカリフォルニアのワインとしては好感が持てました。
一緒に行った人によると、この造り手の赤は有名だそうです。(私は知りませんでした。)

追記
そこのレストランでは、シャトー・オー・ブリオンとか、ボーカステル、ランシュバージュなどが相当に安い値段で置いてありました。でも、絶対的には値段が高いことと、魚介類には合わないかなということで、さすがに注文しませんでした。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-11-17 13:14 | ワイン