MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プチ慰労会

先日、久しぶりに町に出てワインを飲みました。
前にカキコした授業の最終日、せっかく町に出たのだからと、そのままワインを飲みに流れました。授業もそれなりに準備に労力をかけたので、それをやり終えたことにたいするご褒美です。

一緒に飲んで下さったのは、同業者、つまり生命科学者のAさん。
Aさんは、MusignyBlancが大学院に入ったばかりのころに、短期間でしたが一緒の研究室にいらしたかたで、とても素敵な女性サイエンティストです。お姉様的な存在ですかね。

Aさんはとある大学の先生ですが、最近まで20コマもの膨大な授業を行って、ようやく最近それが終わったとのことでした。私よりもはるかに多くのコマ数で、それは準備等も大変だったことでしょう。
お互いに、授業が終わったということに対する慰労会、のような意味合いもあった、ミニワイン会でした。Aさんも、かなりワイン好きです。

その日は、MusignyBlancの夜の講義が終わってからだったので、ちょっと遅めの午後8時半スタート。
とあるビストロにシャンパンを一本持ち込みました。
何にしようか迷ったのですが、なんとなくAさんならスッキリ系のシャンパンが好きかな、と勝手に予想して、Blanc de Blancs (ブラン・ド・ブラン)をチョイス。

Louis Roederer Brut Blanc de Blancs 2000 (ルイ・ロデレール  ブリュット ブラン・ド・ブラン)

泡がきめ細やかで、エレガント、それでいてうまみもあって、とても美味しかったです。

遅いスタートだったこともあって、そこでは結局オードブル盛り合わせだけ食べました。
お店の方も気を利かせてくれて、そのシャンパンに合いそうなものを盛り合わせて下さいました。

Aさんとは、一年ぶりくらいの再会。ほんとうにたまにお会いするくらいなのですが、会うたびにその頭の良さと回転の速さに圧倒されてしまいます。一緒に会話していて、自分が情けないくらいアホだなあ^^、と感じさせられる人はそんなに沢山はいませんが、Aさんはまさにそんな人です。もちろん、Aさんはとても控えめなのですが、内面から出る輝きは抑えようもありません。

まあ、それはさておき、いろいろお互いの仕事のこと、近況などの情報交換をしたり、ワインについて語ったり、とても楽しい時間を過ごしました。

シャンパンが空いたところで、そこを早めに切り上げて、二軒目に移動。

以前、友人と訪れたのと同じワインバーです。

そこでグラスワインを何種類か飲んだのですが、最も感動したのが

Chateau Balestard La Tonnelle 1934

でした。
ボルドー、サンテミリオンのワインなのですが、ヴィンテージが1934  !!

飲んでみると、まだまだ力強い。しかし、長期熟成でなくては出てこない、独特の香り、特にメルローがいい具合に熟成が進んでシルキーになったような味わいでした。これは本当に感動しました。

マスターによると、数年前にリコルクされているそうです。
なので、恐らくは少しだけは新しいヴィンテージのワインが足されているのでしょう。
しかし、長い年月を経てこなくてはあり得ない味わいが、しっかりと感じられます。

う〜ん、超古いのに、でも力強い。その力強さがリコルクによるものなのかどうかはわかりませんが、でももしそうだとするならば、このワインはそれが本当に成功していたと言えるでしょう。

Aさんも、大感動だったようで、そこにお連れした私も大満足。

その他
Cote Rotie Les Fumelles (Paul Jaboulet) 1985
なども飲んだのですが、(これはこれだけで飲むと相当に美味しかったのですが)
1934年のワインに吹っ飛ばされてしまいましたね。

という訳で、授業も無事終わったし、美味しいワインは飲めたし、とても幸せな気分でで帰路につきました。
それにしても、Aさんとの会話は面白い。また、いつかどこかでご一緒できるといいなあ。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-10-29 19:19 | ワイン