MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ワインの魅力

最初にここで宣言しておくが、私はワイン歴はまだ4年なので、ワインのことにはさほど詳しくはない。それでも、以下のようなクエスチョンを立ててみた。

ワインの魅力って何だろう?

実は、これに対する私の答えは決まっている。
「仲間」である。

良き仲間と一緒に飲んで、騒いで、語り合って・・、そういう素晴らしい時間と空間を共有できる場を与えてくれる、それがワインの魅力である。あるいは、ワインを介して新しい仲間ができること、もワインの魅力であり力である。

恐らくは、日本酒でも、ウイスキーでも、何でも同好の士が集まれば、同じような空間は生まれるのかもしれない。でも、ワインには、その背後に多くのドラマがあり、ストーリーがある。(これについては、いずれ詳しく書くとは思うけれども)、これが、我々の会話を弾ませ、またコミュニケーションを重層的にしていくのである。このコミュニケーションの過程で、お互いの人となりも知ることができるし、感性の重なりも感じることができる。

とはいえ、ワインはその複雑性から、とかく「ウンチク」を語る道具として見られる嫌いもある。私も、単なる自己宣伝や自分の知識をひけらかす目的でのウンチクは好きではない。確かに、いろんなワイン会に行くとそういった方も少なからずいるが、辟易してしまうことも多い。でも、一生懸命ウンチクを語る姿が、逆にどこかカワイイというか、そう感じさせられる時もあるから、不思議なものである。

私は、本当にワインを愛している人が好きである。そういう人たちは、ワインを道具として扱わないから、ウンチクをさほど語らない。私は、過去4年間のワイン歴の中で、幸運にもそのような素晴らしい仲間を数多く得てきた。また、ワインを飲み続けていく上で、今後もやはり素晴らしい仲間に出会えるであろうと期待している。それが、私にとっての「ワインの魅力」の全てである。
[PR]
by MusignyBlanc | 2008-09-10 19:12 | ワイン