MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

術後一週間

レーシック手術を受けて、ほぼ一週間が経過しました。

将来的なことも考えて、「医院が推奨する矯正」から、0.25ジオプターほど近視が残る方向での手術をお願いしました。

とはいえ、レーシックというのは、眼鏡を作るのとは違って、狙い通りに視力が矯正されるとは限りません。そういう意味においては、どのくらい眼が良くなっているのか、そしてどのくらい矯正されすぎないで保たれたのか、気になるところでした。


結果は。。。。

うーん、予想ほど視力が出ませんでしたが、ギリギリ満足できるくらいでしたかね。
これからも、少しずつは視力が変わるかもしれないとのことでしたけれどもね。


左右とも、片眼でそれぞれ0.6でした。
Cの形をしたものがどっちの方向を向いているか、の視力検査だったのですが、左右に開いているのは見やすいのですが、上下のは判別がつきにくい。

これは、レーシック手術の特性なのか、あるいは乱視がたまたまそちら方向に区別がつきにくいように残っているせいなのか、よくはわかりません。

両眼視では、なんとか1.0でした。

とはいえ、暗いところだと、おもいっきり見えなくなるんですよね。日常生活においても。
だから夜間とか、あるいは昼でも暗い建物の中などだと、満足いく視力とはいえません。

まあ、これも少しボヤっとした世界に慣れてしまえば、気にならなくなるのかもしれませんが。


あと、もう一つ気がついたことがあります。

暗いところから明るいところに出ると、ものすごく眩しいんですよね。

朝帰りで「太陽が黄色い」というのは良く聞く話ですが(笑)、あれは寝不足だったり、体が疲れていたりするときに、瞳孔反射が鈍くなったせいで、眩しさを感じる訳です。ですが、どうやらレーシックではそういうことが無いみたいなので、メカニズムは違うようです。

角膜をレーザーで削り取るわけですから、外界からの光の入り方も異なってくるでしょうし、そういう光学的な理由で眩しさを感じるのかもしれない、と漠然と考えていますが、具体的に光学図面を書いて納得した訳ではありません。

まあ、夜間は不自由を感じないわけではありませんが、でも眼鏡を必要としないギリギリの視力はあるわけですから、良しとしよう、という感じですね。

人によっては、半年一年経過すると少しずつ近視の方向に戻ってしまうということもあるらしいのでまだ油断はできませんが、まあ今後も注意深く経過を見守って行こうと思っています。


総合的には、満足の範囲内に入ると思います。
[PR]
by MusignyBlanc | 2011-05-24 23:59 | 自己紹介