MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

優勝!

いやー、ザックジャパン、ついにやってくれました。

優勝です。

今までのアジアカップ優勝のどれよりも嬉しい。

アジア諸国の実力が上がってきて、世界的にもこの大会の権威が増してきたような気がします。実際に、面白い試合が多かったし。オーストラリア、韓国はとても強かったですし(まだ、日本より一日の長がある?!)、カタールやヨルダン、シリアなどの中東の中堅国(と考えられてきた国々)も相当な力をつけてきているな、と思いました。そんな中で、強豪国を破っての優勝。価値がありますよね。

とにかく前半は、オーストラリアにやられっぱなしで、いつ点を取られてもおかしく無い状況でした。日本にはほとんどチャンスらしいチャンスもありませんでしたしね。ただ、逆に言えば、あれだけオーストラリア優位の状況であったにも関わらず、得点を許さなかったということは、オーストラリアにとってもイヤな状況であっただろうな、と思っていました。

ですから、前半が終わった後に、「これだけ攻められても失点しなかったのだから、後半流れがこちらに来る時間外が必ずある」と前向きに考えることができました。

まあ、とはいえ、後半が始まっても全く展開が変わらない。特に酷かったのが藤本でした。前半から続く彼の、消極的かつ低調なプレーに、MusignyBlancはキレまくっていました。何やってるんだ!、早く藤本を変えろ!

彼はとてもスキルフルな優れた選手です。意志の力さえあれば、もっと積極的にオーストラリアの大柄な選手に勝負を挑んでいけるはずです。それが、ビビってしまって、ヨコパスやバックパスばかり。他のレギュラーの選手達は、これまでの多くの試合のせいで疲れきっていて動けないのだから、藤本のようなサブのフレッシュな選手が動き回らないといけないのに、彼は自信無さそうにたたずんでいるだけでした。やはり、戦う心の無いプレイヤーが一人いるだけで、バランスが崩れてしまうものですからね。


そうしたら、やはりザッケローニがピンポイントで藤本を交代させました。延長戦があり得る中で、3人しかない交代枠の一つを後半の早い時間帯に使わなくてはならないというのは、大きな賭けです。ですが、あのまま藤本を残していたら、失点は時間の問題だったでしょう。そこに、意志の力では誰にも負けない岩政を投入。。

これが当たりました。岩政は長身でオーストラリア選手にも当たり負けしませんでしたし、今野も左サイドにずれてからも良い仕事をしていました。ケガの功名で、長友が前に出たことによって、彼の攻撃力を活かすこともできましたしね。交代直後から、日本がボールを回せるようになっていきました。

それにしても、藤本以外の選手達は全員素晴らしかったです。前田は少し不完全燃焼だったかもしれないけれども、サポートを得られない状況であれだけ体を張ったのだから、致し方ないか。

この試合で最も輝いていたのは、長友と川島でしょう。あと、岡崎かな。彼が前線から動き回ることで、守備の負担がかなり軽減されていましたからね。

本田は、多少ムラはあったものの、前へ行く力強いドリブルを見せてくれたし、苦しい時間帯に前線で体を張ってボールをキープしてくれた。長谷部、遠藤のダブルボランチは相変わらず高いレベルで試合をコントロールしようとしていました。内田は、悪くは無かったけれども、彼の本来の力からいったら、もっとできたんじゃないかなぁ。李も最後に大仕事をしたしね。



大会を通しての公式なMVPは本田でした。
彼は試合によってはムラがあったものの、でも絶大な存在感を示したし、まあMusignyBlancも同意できます。


僕が同じくらい活躍したと思うのは、長友、長谷部、遠藤ですね。川島も最後の2試合は凄かったけれども、一次リーグがやや不安定だったのでね。岡崎も良かったけれども、次点。

それにしても、長谷部と遠藤のダブルボランチは代替がきかないな。ホントに素晴らしかったです。


このチームのサッカーは本当に見ていて楽しい。

今から夏の南米選手権が楽しみです。
アジアカップよりも数倍強い強豪がガチンコで勝負する大会ですからね。最高の学習機会となるはずです。
アルゼンチンやブラジルが親善試合でなくて本気で戦ってくれるチャンスなんて、この他にはWCくらいしかありません。まあそういう意味では、二年後のコンフェデレーションカップも楽しみではあるけれども。
[PR]
by MusignyBlanc | 2011-02-01 00:51 | 自己紹介