MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

年に一度の遠来の友人を迎えてのワイン会

先日、昔住んでいた町のワイン仲間7人がこちらにやってきて、総勢8名でワイン会を行いました。

皆さん、古酒が好きなワインフリークです。
ワインのネ申も、もちろん来て下さいました。

昨年は、ブルゴーニュワイン専門のワインバー兼レストランで開催しましたが、今年はとある高層ビルの2階にあるフレンチレストランで開催しました。

ワインリストは以下の通りです。


1 De Sousa Brut Desirable Blanc de Blancs 2000
かなり濃厚で香りも立っていたので、当然黒ブドウが含まれていると思ったら、ブランドブランでした。泡も酸もなかなか強くて、まだまだ熟成に耐えそう。

2 Corton Charlemagne (Simon Bize) 2004
クリーミーでふくよかな香り。味わいもまろやか。この造り手は、品質が高いのに比較的廉価で好きだったのですが、どうやら最近は価格が急騰しているらしいですね。
このボトルは、この日の参加者のR女史がブルゴーニュで現地調達してきたものらしいです。状態が最高でした。

3 Meursault 1er Cru Charmes (Comtes Lafon) 1989
ブル白のスーパーヴィンテージの1989。しかも、コント・ラフォン。美味しくない訳がありません。
焦げ茶のかかった黄金色。89という強いヴィンテージを考えると、少し劣化していたのかもしれないが、逆にMusignyBlancの好みの熟成した味わいに。。。。
焦げた香り、はちみつ、、、、
ブル白の古酒はいいですねえ。。。

4 Meursault Les Narveaux (Leroy) 1988
ドメーヌ・ルロワが出来る前のルロワで、白キャップです。同じ畑名でD'Auvenayドーヴネもありますが、同じものなのか、違うものなのかについては、良くわかりません。90年代のドーヴネを何本か飲んだ印象としては、違う気がします。ドーヴネはもっと、粘性が高くて濃厚だった気がするので。。。
このワイン、十分熟成が進んで、酸はさほど強くなく、酒質も強くはないけれども、ジワっとくる旨味が口中を広がります。ちょうど飲み頃でした。粘性も比較的さらさらした感じでしたね。

5 Latricieres Chambertin (Simon Bize) 2001
まだ若くて、果実味がたっぷりで元気。タンニンはややこなれている。
ほんのりとケモノ香もした。美味しい。

そろそろ酔っぱらってきて、味の記録、記憶が怪しくなってきています。

6 Chateau Mouton-Rothchild 1983
言わずと知れた五大シャトーのムートン。まだまだ元気です。
これを飲んであまりの美味しさに、「やはり古い右岸はいいなあ・・」などとトチ狂ったコメントをしてしまいました。すかさず隣のH氏に、「左岸でしょ」と訂正されることに。。。。(汗)。
でも、偉大なワインはやはりいつ飲んでも偉大です。

7 Cote Rotie La Landonne (Guigal) 1979
8 Hermitage (Chave) 1979

この二本の飲み比べは、この日一番愉しみにしていました。
ギガルのコート・ロティ三銃士の一つLandonneとシャーヴのエルミタージュの古酒の水平。。。
どちらも特徴があって素晴らしかったですが、個人的にはシャーヴのエルミタージュに軍配が上がりました。
このワイン、まさに旨味の宝庫でした。酸が立って、深い香り。いつまでも続く余韻。。。
飲んだ後、30秒から一分くらいの沈黙を余儀なくされる、そういうワインでした。

結局ここでは8人で8本。
素晴らしいワインを飲んだ後は、5名で同じビルの42階のバーへと移動しました。

すぐ横に東京タワーが見えて、さらに生演奏も聴ける。
MusignyBlancがエスコート役だったのですが、皆さんには喜んで頂けたみたいです。

ですが、グラスで頼むとかなり割高。まあ、場所が場所ですから仕方ありません。
という訳で、ボトルリストからネ申が比較的リーズナブルな一本をセレクト。

Puligny Montrachet 1er Cru Sous Le Puits (Gilles Bouton) 2007

まだ若くて酸がキリっとしています。ほろ酔いだったのが、少しシャキっとしました。



そして、ここからはまたいつものワインバーへ移動。
ここはいつもグラス売りが充実しています。

Lanson Brut 1976 (Magnum)
これは、一人グラス一杯ずつ飲みました。古酒というにはまだ元気。

Vosne-Romanee 1er Cru Cros Parantoux (Emmanuel Rouget) 2000
これは、Mさんが注文したのを少し飲ませて頂きました。。。。感激!


とここまで飲んで、MusignyBlancは場を中座して帰ることに。。。。。皆さんはホテルに宿泊されていたので、まだまだ飲まれたようですが、さすがに私は家に帰らなくてはならなかったので・汗。

ホントに贅沢な夜でした。
幹事としては、皆さんに喜んで頂けたようで、とても嬉しかったです。
[PR]
by MusignyBlanc | 2010-06-28 01:11 | ワイン