MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近飲んだ家飲みワイン

ここのところ、すっかり書き込みをさぼっていましたが、でも飲んでいなかった訳ではありません。
というか、かなり飲む機会が増えてきました。

最近良くやるのは、数日間に分けて飲む方法。

ボトルを開けても、飲むのは2杯くらいにしておく。そして、窒素充填した後に、冷蔵庫で4度保存。これをやると、品質がほとんど傷まないので、一週間くらいは持ちます。古酒とかだとそうはいかないけれども、安くて若いデイリーワインであれば、それで十分。

ですから、一日に何種類も飲めてしまう。まずは白を1、2杯。そして、赤に行く。ピノノワールを飲んでいたのが、シラーも飲みたくなったら、ローヌを開ける。。。。みたいな。。。

一人ワインバー状態ですが、これがなかなか楽しい。
最近は、家に帰って、この「一人ワインバーごっこ」をするのが楽しみになってきました。家に帰るのが楽しみなんですよね。


ま、それはともかく、最近飲んだワイン達の一部をアップします。

1 Corton (Louis Latour) 2000
f0184200_2117298.jpg

ルイ・ラトゥールの特級、コルトン。。。。美味しくない訳がないでしょう。
しかも、値段が税込みで6000円弱。信じられないくらいの安さです。。。

思わず2本買ってしまいました。。。
さて、味わいは。。。

うん?。な、なんか薄い。。。。美味しくない訳ではないんだけれども、でも特級のコルトンと思うと、とても物足りない。。。。6000円と思えば、値段相応なんだけれども。。。。なんかなぁ。。。。そういえば、「6000円弱でコルトンが買えたんです!」T先生に報告したところ、ルイ・ラトゥールのコルトンには二種類あって、ただのコルトンはそれなりで、コルトンなにがし、という名がついている方が良いものなんですよ、と言われたんですよね。。。。。
安物買いの・・・、って感じでした。

でも、もう一本あるんだよなあ。いつ開けようか。。。

2 Chateau Cantemerle 2000
f0184200_21172269.jpg

ボルドー、メドック5級です。
MusignyBlancはブルゴーニュを多く飲むものの、昨年はボルドーその他を学びましたから、いろいろ飲んでは見たい。しかも安めに。。。あまりすごくは値段を高くはかけたくない。。。

このワイン、税込みで5000円でした。
それなりに根が張りますが、でも初めて飲む格付けワインですから、しかもビッグヴィンテージの2000年だから、まあいいか、ということで購入。。。。

飲んでみると。。。。
なんか、ビオの還元臭というか、いやな臭いが鼻を突きます。う〜ん。
まあ、気にしないようにと思えば大丈夫なんだけれども。。。
そもそも、この造り手がビオなのかどうかはわかりません。でも、独特なあの臭いが鼻につくんだよなあ。。。。
構造はそれなりにしっかりしていましたが。
あまり気に入らなかったので、窒素充填してすぐに冷蔵庫へ。。。。

数日して飲んでみたら、臭いが気にならなくなって、なかなかの味と香りになりました。それから数日は、メドックを一杯ずつ飲むという、贅沢な日々が続くことに。。。。

3 Vosne-Romanee 1er Cru Les Chaume (Daniel Rion) 1988
f0184200_21175365.jpg

これはアメリカから直で入れたやつ。ドルだてだったんだけれども、かなり割安だったんですよね。ヴィンテージもさほど悪くないし、、、きっと美味しいだろうと思ったんですが。。。。

これは、ややピークを過ぎていました。というよりも、そこまで実力のあるワインではなかったのかもしれない。たとえ1988と古酒でも、本当に力のあるワインだと、熟成がきれいに進んで、力強さとエレガントさが両立するんですが、このワインは残念ながらそこまでの力はなかったようです。

以前、Jean Tardyの同じ畑の1985を飲んで感動したんですが、ヴィンテージの差か、造り手の差かわかりませんが、全く別物でした。まあ、値段も倍以上違ったんですけれども。。。。値段から言えば、文句の言えない味わいではありましたが。
[PR]
by MusignyBlanc | 2010-04-04 21:25 | ワイン