MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Dujac Roche飲みくらべ

先日、4人でのミニワイン会がありました。

このくらいの人数だと、一人二杯ずつは飲めるので、ワインの変化も含めて、ゆったりと味わえるのが良いです。

1 Billecart-Salmon Blanc de Blancs Millesime 1985
f0184200_154466.jpg

これはかなり期待していたものです。確かに、古酒の風格もあって、好ましい熟成香と味わいもする。。。。しかし、少し薄っぺらい印象。分厚さと奥行きに欠ける。う〜ん、飲み頃を外してしまったか。。。。せめて、あと3、4年は早く飲むべきだったかなあ。。。。
もちろん、相当に美味しかったんだけれども、でも、期待がそれ以上に大きかったから・・・。

2 Chablis Grand Cru Les Clos (Dauvissat) 1996
f0184200_1565450.jpg

これはブラインドで提供されました。
まず、第一印象はミネラリー。。。。で、シャブリか?、と一瞬頭をよぎりましたが、複雑な香りと味わい、そしてキメの細かい酸の感じから、「ピュリニー」と答えて不正解。もう一人のメンバーは「コルシャル」と答えて不正解。。。。。ムム、そうすると、これだけの美味しい白ワインの産地としては、ムルソーとシャサーニュくらいしかないぞ???。
でも、いずれも、ムルソーやシャサーニュならもっとワインが丸いはずだ。。。。このワインは、かなり鋭角的。。。。でも、シャブリだとしたら、ここまで複雑さはないよなあ、、、
ということで「ムルソー」とやむなく回答。。。。そして、不正解。。。。

結局、答えを明かして頂いたら、実はシャブリ。。。。。

一同「え〜〜!?、こんなに美味しいの?」

でも、ドーヴィサ、と聞いて、納得。。。。。
いや、素晴らしかったです。


3 Clos de la Roche (Dujac) 1993
f0184200_1581783.jpg

4 Clos de la Roche (Dujac) 1988
f0184200_1583542.jpg


この二本の飲み比べは面白かったです。
もちろん、アタックの強さや、固さ、重さなどは異なりましたが、でも、この二本のワインは、本当に同じ方向を向いています。たとえ、ブラインドで出されたとしても、同じワインのヴィンテージ違いと答えることができるだろう、と想像されるくらい。。。。

最初は、93はやや固く、88は飲み頃。。。。どちらも、デュジャック独特のダシ系の香りがプンプンしています。俗に言う「まつたけ香」ですよね。そして、味わいもキメ細かくて、繊細で、それでいて余韻が長い。。。。セクシーな味へと成長しています。

時間の経過とともに、93が本領を発揮してきました。グイグイと力強さを増してきて、香りも味も開いてきました。それに対して、88は予想外に早く落ちてしまった。。。。まあ、それはそれで、MusignyBlancの好きな味ではあるんだけれども。。。。電車に揺られて運んで行ったのが悪かったのかもしれないです。古酒は振動に弱いというから。。。。(でも、しばらく静置しておくと、復活するんですけどね。

ともあれ、贅沢な一夜でした^^。
デュジャックはやはり偉大だなあ。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2010-03-13 02:20 | ワイン