MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アルコールの功罪

2ヶ月ほど前までは、アルコールをかなり控える習慣がついていたんですが、今ではかなり飲むクセが戻ってきてしまいました。お正月くらいの時には、夜になっても必ずしも飲まなくてもつらくなかったのですが、どうも最近は、ついつい飲みたくなってしまいます。

ただ、

4ヶ月前まではかなり飲んでいた → その後2、3ヶ月ほど飲酒を控えた → またある程度飲むようになった

という経過を経験することによって、アルコールが身体に与える影響のようなものがわかってきました。必ずしも科学的・医学的根拠があるという訳ではありませんが、自分なりの経験則です。

1 以前は、アルコールを飲まないと夜寝付けない、とか、アルコールを飲むと寝付きが良くなる、と信じていたのですが、アルコールを控えていた時の方が夜になると眠くなりました。いつもよりも、就寝時間が早まったという訳です。これは意外な発見でした。

2 アルコールを飲むと、朝早い時間帯に一度目が覚める。
これは、以前から飲み過ぎた晩の翌日に顕著であることは知っていましたが、アルコールをやめて初めて、普通の飲み方でも朝の睡眠が浅いということがわかりました。そこで目覚めてしまうと、その日の昼頃に睡魔が襲ってきます^^。これは、アルコールの分解過程で生じるアルデヒドによる覚醒作用であることは知っていましたが、でも実体験によると、ほんの少しの飲酒でも意外と影響があるんだな、ということがわかりました。

3 アルコールを飲まずに寝付くと、朝まで良く眠れて、翌日も調子が良い気がする。

と、飲酒を制限すると良いことずくめのような気がします。でも、なぜ飲酒が復活してしまったんでしょうか(苦笑)。

無理無く飲酒制限できれば良いのですが、それ自体がストレスとなってしまったら、本末転倒ですからねえ(と自己正当化)。

うーん。せめて、週に少しは飲まない日をつくって行こうと思います。

できるかな?
[PR]
by MusignyBlanc | 2010-03-02 01:13 | 自己紹介