MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミニワイン会

ワイン会とはいっても、二人でカウンターでワインを開けたということです。そのお店のシェフのIさんにも、ワインを味わって頂きました。Iさんは、ワインを最初に味わってから、それに合わせて料理を作って下さいます。

ここのところすっかりワインが弱くなった気でいたのですが、結局は一人一本以上開けてしまいましたね。おかげで、翌日は少し二日酔いです^^;。

1 Hermitage Blanc (Jean-Louis Chave) 1995
f0184200_1824897.jpg

これは、私のワインの師匠でもある友人のKさん提供です。
さすがKさん、凄いのを、そして渋いところを突いてきます。

濃厚かつ分厚い香りと味わい。まったりとして肉厚。様々な要素が複雑にからまっているが、いかんせんまだまだ若い。1、2時間経過しても全く衰えない。後からどんどん開いてはきたけれども、さらに10年、20年寝かせれてから開けた方が良かったか?。そうすれば、超絶的なワインに化けるのではないでしょうか。とてつもないポテンシャルを感じました。
Kさんによると、シャーヴのエルミタージュ白は相当に評価が高いのだとか。飲んでみて、ビックリ、そして大いにうなづきました。

2 Chambolle-Musigny Les Fremieres (Domaine Leroy) 1992
f0184200_18331799.jpg

これはMusignyBlancの提供です。いくつかの候補を提示したところ、Kさんがこれを所望されました。

さて、味は・・・・
すでに熟成したブルゴーニュの赤独特の官能的な香り。マツタケ?、それともケモノの皮?。この官能的なワインを、シェフのIさんも含めて、男3人で味わいました^^;。まだ力強さも残っていますが、そんなにパワフルという訳ではない。オフヴィンということと、すでに18年が経過しているからか。しかし、繊細でじわ〜っを味わい深い、正統派の美味しいブル赤古酒でした。さすがルロワの赤キャップということろでしょうか。

最近のMusignyBlancであれば、もうこれ以上は飲めないはずだったのですが、何故かこの日は快調でした。。。。で、Kさんが持ってきて下さっていたもう一本を開けることに。。。。

3 Chateau d'Armailhac 2000
f0184200_18443039.jpg

飲み過ぎにさしかかった我々を癒すにはちょうど良い味わい。デザートと一緒に飲みましたが、なかなか合うんですよね。もう既に相当な酔っぱらいだったからかもしれませんが。。。。

ここのところかなり体重が減ってきていたんだけれども、これでまた元に戻っちゃうかなあ。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2010-01-29 21:14 | ワイン