MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミュジニーの香り

少し前のカキコで、ミュジニーにはその畑に共通した独特の香りを感じるんだけれども、それをうまく表現する言葉が見つからない、という内容のことを書きました。それで仕方なくその香りのことを、「ミュジニー香」と呼んでいる、とも。。。

そこで色々と頭を巡らせていたんですが、一つ、「当たらずとも遠からず」という表現を見つけました。

それは

「使い古した濡れ雑巾の香り」

です。もちろん、ミュジニーには、他のコート・ドールの特級とも共通した、華やかで、艶やかで、それでいて、なめし革、腐葉土などの複雑かつ素晴らしい香りがあります。
でも、ミュジニーには、それにプラスして、独特のチャーミングな香りをいつも感じるんですよねえ。
それがこの「使い古した濡れ雑巾の香り」なのです。

とても、魅力的には響かない表現方法ですよね(苦笑)。

でも、ミュジニー独特の、陰性でかつしっとりとした、独特のあの香りは、僕の中では濡れ雑巾なんです。。。
普段の生活の中で濡れ雑巾の香りをあえて嗅ごうなんてしませんし、たとえ嗅いだとしても、その香りを「素晴らしい」なんて思いませんよね。
だから、とても不思議なんですが、なぜか僕にはそういうニュアンスが感じられるんですよね。。。。

嗅覚、味覚は人それぞれといいますから、これは恐らくは僕に独特の現象なんでしょうけれども。。。。。
この濡れ雑巾の香りが、極上に感じられるんですから、不思議ではあります。。。

ちょっとした、独白でした。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-10-21 02:38 | ワイン