MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記録の追加   新世界ワインなど

最近飲んだワインの記録の追加です。
少しずつブルゴーニュ以外のワインを飲む機会が増えている気がします。

1 Pommard Les Vignots (Leroy) 1988
前の記事の36番で、同じワインの1992を飲んでいます。
どちらも、ルロワのポマールですが、今回の1番はまだドメーヌ・ルロワができる前ですから白キャップ、前回のはそれ以降ですから赤キャップでした。
これも、まだまだ若くて力強い。ルロワのCote de Beauneは長熟です。素晴らしい。

2 Hyde de Villaine (HdV) Carneros Chardonnay 2001
以前、このシラー2002を飲んだのですが、新世界とは思えないほどの落ち着きを感じて気に入っていました。今回も、期待してシャルドネを開けました。
ブルゴーニュとはまた違って、やはり新世界とわかる力強さでしたが、でも自然な味わい。濃厚だがいやらしくなく、とても美味しい。でも、自分的にはまだ飲み頃は先だと感じられました。。。

3 Felton Road Pinot Noir Block 3 2003
以前、このニュージーランドの生産者・フェルトン・ロードのピノ・ノワールの別の畑であるBlock 5の2001年を飲んだところ、適度に枯れた風味のある熟成した味わいで、ブルゴーニュのトップキュベに迫るものを感じていました。ただ、それ以上熟成した時に、どのくらい獣臭やセクシーな香りが出てくるのかどうか、については予想できませんでしたが。
 今回は、別の畑のピノ・ノワールでした。飲んでみると、以前のBlock5よりも力強くて、枯れた雰囲気はまだない。優等生的な味わいで、とても美味しいんだけども、やはりブルゴーニュとは少し違う。これはこれでまた、別の美味しさがあるな、と勉強になりました。すっきりと奇麗な味わいでとても美味しいんだけど、ブルゴーニュの古酒の方が、色気があるような気がするんだよなぁ。。。
(たとえば、今回の1番のルロワなんかは、とてもセクシーだったし。。。)
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-07-30 01:41 | ワイン