MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

二次会で、さらに「奇跡」が・・・・

さて、レストランでの素晴らしいワイン達の競演の後は、二次会へと移動しました。

参加メンバーは、男性二人、女性一人の三名。そのうちの一人は、ワインのネ申である、O氏です。。。

場所は、いつも行く、グラスで素晴らしいワインをサーヴしてくださるワインバー。。。

実はここのマスターは、今年の元旦に、O氏のお店を訪れています。マスターのお客さんの中に、O氏のお店を絶賛する人が多かったので、お正月休みに旅行に出かけたついでに訪問したのだそうです。

今回は、逆にO氏がマスターのお店に来た訳で、一種の相互訪問ですね^^。。
ワインのプロ同士、何か通じるものがあるんじゃないでしょうか。。。
おかげで、MusignyBlancまでいい目にあうことができました。。。

@@@@@@@@@@@

まず最初には、3人がそれぞれ好きなワインをグラスで注文。

MusignyBlancは

Meursault 1er Cru Les Cras (Henri Boillot) 2004をチョイス。。。
素晴らしい香りと味わい。。。そうなんです、以前にアンリ・ボワイヨのムルソーを飲んで以来、若い白ワインもいいものだなあ、と考えるようになってきたんですよね。。。


そうこうしていると、マスターが、色んなワインの澱の部分や、ほんの少しだけの一杯をサーブして下さいました。もちろん、O氏がはるばると訪れてきたからに他なりません。

「ええいっ、ここは気合いで!」

とおっしゃりながらも、どんどんとテイスティンググラスに少量ずつ注いで下さいます。もちろん、オゴリです。。。(も、申し訳ない。。。でも、嬉しい。。。)

我々3人は、それを少しずつ堪能させて頂きました。。。。

その驚愕のワインリストを以下に記載します。

Taittinger Collection 1985
Taittinger Collection 1990
Chassagne Montrachet 1er Cru Clos Saint-Jean (Michel Niellon) 2007
Bourgogne Blanc (Voguet) 2006
Chambertin (Armand Rousseau) 2005
Musigny (Leroy) 1986
Chateau Mouton-Rothchild 1978
Chateau Coutet (Barsac) 1958

ど、どうです!!???

し、信じられないでしょう!???
どれもこれも、一生お目にかかることも無さそうなものばかりでした。。。
それぞれのボトルを見るたびに、は〜っと、ため息が出ちゃいましたね。。。

しかも、その味わいたるや、、、、
言語を絶するとは、こういうことか。。。


これも、もともとはO氏にくっついて行ったおかげです。。。
O氏、ありがとうございます。。。
ネ申の恵み、と言えるかもしれません。

そして、もちろん

マスター、ありがとう!!



最後に、K女史が
Bonnes Mares (Georges Roumier) 2004
のグラスを注文されたのを、少し飲ませて頂きました。
本日、二種類目のルーミエでした。。。

そうこうするうちに、夜も更けたので、お開きになりました。。。

今日は、一次会、二次会、とそれぞれ想い出深いワイン会でした。ここまで偉大なワインを一晩に飲むことは、もうこれから無いんじゃないだろうか?
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-07-03 00:09 | ワイン