MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自主勉強会とタイのワイン

今回も、ワインクラスの後の自主勉強会のお話です。
前回書いた、誕生日を祝って頂いた時の次の週ですね。開催場所は、我々のホームグラウンドのレストランTです。

参加メンバーは15名。かなり盛況でした。

ワインリストは以下の通り。いくつかは、ブラインドで提供されました。

1 Vanier-Fanniere Brut-Zero Grand Cru NV
2 Chateauneuf-du-Pape (Senechaux) 2007
珍しい、ヌフデュパプの白でした。美味しかった。。。

3 Saint-Veran (Valanges) 2007
ブラインドでしたが、全く当たらず。

4 Crozes Hemitage (Paul Jaboulet, Domaine de Thalabert) 2005
シラーかな?、と一応、品種は正解。

5 Bourgueil Les Vingt Lieux dits (Pel Air) 2005
カベルネ・フランでしたが、当然のごとく不正解。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロならばまだしも、カベルネ・フランを当てるのは今のMusingyBlancには不可能です。でも、周りの2、3人は「カベルネ・ソーヴィニヨンに近いけれども、少し違うから、カベルネ・フラン?」とか言っていました。。。。
どんどん差を付けられています(汗)。

6 Ego L’Avail Vin de Pays des Cotes Catalanes 2005
7 Barbaresco (Fratelli Levis) 2004
このバルバレスコも品種を外しました。(恥ずい。)

8 Silver aw Cvienna Khao Yai Shiraz 2002
これ、タイのワインです。最初は、熟成した、あたかも枯れた感じのワインで、MusigyBlancの好みの味わいでした。でも、時間が経過してくると、だんだん鼻につくしつこい臭いへと変化してきて、味わいもちょっとバタついてきました。飲み続けるのはちょっと厳しい感じ。
そうは言っても、タイワインは初めてで、貴重な体験でした。将来的にまたタイワインを飲むことがあるかもしれません。今日の味わいは忘れそうもないので、その時にまた比べるのも楽しいでしょう。

9 Vina Ardanza la Rioja Alta Riserva 2000
リオハはいいねえ。MusibnyBlancはブルゴーニュ好きですが、リオハもかなり好きだと思います。

10 Chateauneuf-du-Pape (Dieux Delegraphe) ヴィテージ漏れ
11 Charmes Chambertin (Camus) 2001
このカミュ。何故か安いんですよね。ネットでも、安い。特級畑なのに、何故なんでしょうか?。なかなか良い造り手であるはずなのに。
味も、期待通りの美味しい味わいでしたよ。

12 La Dame de Malescot 1997
最後はボルドー格付けワインのセカンドでした。1997は弱いヴィンテージなので、ちょうど良い熟成具合でした。

とりあえず、ここまで飲んだところで、そろそろ終電なのでお開きです。
ですが、有志は残ってまだまだ会は続きます。
MusingyBlancは終電で帰るつもりだったのですが、結局そのまま居座ることに。。(いつものパターンです・汗)。

これまでのワインは全て持ち寄りでしたが、以下はお店で注文しました。
13 Chateau de Seguin 1995 (マグナムボトル)
14 Apollonia 2006 赤
15 Apollonia 2006 白

この日は、我々とは別のクラスから一人の参加者があり、その方がまたなかなか過激な(下ネタ系?・笑)発言者だったために、この延長戦は、いつもとは一味違う、異様な盛り上がり方でした。それでついつい長居をしてしまって、午前3時くらいまで飲むことに・・・・(汗)。
まあ、最近の自主勉強会は、いつも翌日が休みなので、問題はありませんでしたが。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-06-30 23:54 | ワイン