MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これぞ古酒の醍醐味

久しぶりに本格的なブルゴーニュの古酒が飲みたい!、

という欲求が募ってきました。。。。      と、突然ですみません。

最近でも、Charlopin の Chambertin 1989なんかを飲んでいましたが、これはまだ元気で素晴らしすぎて、いわゆるMusignyBlancの好きな「枯れた」味わいではありませんでした。やはり、枯れかかった味わいにも滅びの美学があるわけで、そしてそれを私はこよなく愛しているので、どうしても飲みたくなってきた訳です。

そこでセラーの中を探してみたら
(何故か画像が横になってしまう・涙)

Pommard (Chateau de Pommard) 1969

f0184200_20231925.jpg


がありました。
このワイン、3,4年ほど前に飲んだことがあるんですが、素晴らしい状態で、村名ワインとは思えない美味しさでした。同じ入手経路だし、うまく熟成していてくれたら美味しいに違いない、と期待を込めて抜栓しました。



かなり熟成していることがわかるレンガ色。。。。だ、大丈夫か。。。
香りを匂いでみる。。。

うーん、ちょっと鼻を突く臭いがあるが、でも何とかイケるかな?。前回飲んだものの方が状態は良さそうだけど。。。

口に含んでみる。。。
なるほど、ちょっとバランスを崩しているが、大きな問題は無い。それに、時間が経つと良くなるかもしれないぞ。。。。


ということで、1時間超ほど待ってみる。
そして、熟成したゴルゴンゾーラやウォッシュ系のチーズと合わせてみた。。。。

すると、

「す、素晴らしい!!!」

先ほどまでのバランスの悪さがウソのように、エレガントで丸みを帯びた、バランスのとても良いワインに変貌していた。40歳の村名ワインなのに、まだ力強ささえ感じる。「枯れた」味わいを期待していたMusingyBlancではあったが、この期待はずれは嬉しい誤算。セクシーで官能的な味わいすらする。。。全然枯れていないぞ。。。。それにしても、ウメ〜〜〜。。。
数年前に飲んだやつよりも、美味しいな。。。。

最近、特に白に関しては、若いワインも美味しいのではないか?、と思い始めていた私ですが・・・・

いやはや、やっぱりワインは古酒ですね。これがあるから、やめられない。。。。
そう再確認してしまったMusingyBlancでした。
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-05-20 22:30 | ワイン