MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

たまにはボルドーの赤もいいなあ

先日、以下の素晴らしいワインを飲む機会がありました。
記録として、ここに残しておきます。

1 Patrice Marc Grand Cuvee Brut NV
コクのある、豊穣な香りと味わい。古酒というわけではないのだろうが、かすかにそう思わせるような風味が漂っていた。

2 Meursault (Coche=Dury) 2004
実は、最近、このコシュ=デュリのムルソー1993を飲む機会があったのだが、残念ながら劣化していた。輸送状態などが悪かったのだろうか。しかし、この2004は、完璧な状態だった。初めから様々な魅力的な要素に溢れた芳香を漂わせていたが、味は最初のうちは少し閉じていた感じ。しばらくすると、酸と旨味が口中全体に広がってきて、素晴らしい味わいが出てきた。3時間経過した後でも、力強さは全く失われない。さすが、コシュ=デュリ、というワインを味わうことができた。

3 Chateau Palmer 1997
これはブラインドでテイスティング。最初の一口で、「これは美味しい!」。
ボルドーだろうとは思ったが、最初はシルキーな感じから、メルロ主体の右岸かと思った。でも、良く味わってみると、いつもの右岸とは少し違って、カベルネのピーマン臭もする。ということは、左岸??。比較的メルロが多めの左岸、ということに気がつけば、マルゴー地区を思い浮かべられたはずなのに。。。血迷って別の答えを言ってしまい、不正解。
お一人、マルゴー地区で、パルメかパルメのセカンド、と鋭く正解しておられた方が。。。。
すごいっす。

ヴィンテージに関しては・・.
ボルドーなのに、かなり味わいがこなれていた。でも、エッジの色からはそんなに古くも無さそう。。。1980年代の後半かなあ、それともオフ・ヴィンの1997かなあ、とも思ったが、結局前者と答えてやはり不正解。難しいッス。

4 Chateau Mouton-Rothchild 1980
30年近く経過しているので、それなりにこなれているが、でもまだタンニンも残っていて、力強い。3よりも、こっちの方がタニックかもしれないと思ったのは、ヴィンテージの特徴か、あるいはカベルネとメルロの比率の違いによるのか。いずれにせよ、丁度飲み頃。ピークのムートンを飲めるチャンスはそうないので、貴重な体験でした。

どれもこれも素晴らしい味わいで、楽しい食事会でした。
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-04-22 01:30 | ワイン