MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ワインでトリップ?

前回、Frederic Esmoninフレデリック・エスモナンのChambertin Clos de Bezeシャンベルタン・クロ・ド・ベーズを飲んだ、と報告しました。

それなりに美味しかったんですが、そのワインの持つポテンシャルからいくと、ちょうど閉じていた時期に相当していたかもしれないような味わいでした。

そこで、たまたま同じ造り手の別のワインを持っていましたので、後日、試しに飲んでみました。

1 Mazy Chambertin (Frederic Esmonin) 1992

このマジ・シャンベルタンの「マジ」にはいろんなスペルがありますね。MaziやMazisだったりが多そうですが、このボトルのラベル表記はMazyでした。

それはそうと、このワイン、開けて飲んでみると、なんかバランスが悪い。熟成はかなり進んでいるんだけれども、でも健康な状態ではない。味がバラバラというか、香りと味がヒネているというか、ちょっと変な香りと味わい。熱が入ってしまったワインにはこういうのもあるけど、でもそれだけでもなさそう。シェリー香というよりも、もうすこし変な異質な味と香り。はっきりいって、美味しくない。。。。

でも、折角のブルゴーニュの古酒だし、もう少し待てば変な香りも飛んで、味わいも開いてくるかもしれない、と考えて、2杯目も飲むMusignyBlanc。

すると、自分の状態に変化が。。。まだそんなに沢山飲んでいる訳ではないのに、頭がボーとしてきて、なんかフラフラする。あれ?、なんかおかしいぞ。。

そして、さらにしばらくすると、どことなく気分が悪くなってきて、横になりたい気分。うーん、つらい。もしかして、トリップしているのか??
ここで、やはりこのワインが原因じゃないか?、と思い至ることに。。。意味があるかどうかはわかりませんが、水をがぶ飲みしました。

そして耐えること30分、ようやく頭の状態が元へ戻ってきました。。。。

あれは何だったんだろう。。。
明らかに、脳内に何かの化学成分が働いておかしなことになったんじゃあないかなあ、とは思うんだけれども、今までワインを飲んでそんなことは無かったし。。。ワインがヒネていたから、熱が入ったかした時に、変な化学反応が生じて、妙な化学物質が合成されてしまったのか?

結局、こんな状態だったので、ワインは2/3くらいを残したまま、捨ててしまうことに。。。勿体ないけど、まあ仕方ないっす。。。。

みなさん、こんな経験、ありますか?
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-03-23 19:27 | ワイン