MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イタリア・スーパーワイン会

私、MusignyBlancはもう4,5年前くらいから、とある定例ワイン会に参加させて頂いています。だいたい4ヶ月に一回、つまり一年に3回くらいのペースでまったりと続いているワイン会です。

幹事は持ち回りで、それぞれの会での幹事が、自分なりのテーマでワインを揃えて、そこに我々が参加して、ワイン代プラス食事代をお支払いするというシステムです。

メンバーは全部で10人くらいなのですが、毎回7、8人くらいが参加しています。私以外は、ソムリエさんだったり、ワインショップで働いている方だったり、エキスパートだったり、プロあるいはプロ級の方々ばっかりです。私一人だけ素人で浮いているのですが、皆さん、仲の良い友人として付き合って下さっています。

先日の幹事はシニアソムリエールのNk女史でした。Nkさんは、今年の秋からイタリアへと期間を決めずにワイン留学されるそうです。

なので、今回は全てイタリアワインでした。

1 DUBL Flanghina Brut 2005
ジャックセロスのAnselme SelosseとSan Gregorioとのコラボで造られたスプマンテ(スパークリング)だそうです。でも、ジャックセロスとは違う感じの味わいでしたが。ピエモンテ州。
Flanghina 100%

2 Langhe D.O.C. Gaia & Rey (Gaja) 2006
シャルドネ100%。
こんなすばらしい白がイタリアにあるのか、と、正直びっくりして、しかも感動しました。柑橘系の香り、酸が丸くて高級な味わい。

3 Testamatta (Bibi Graetz) 2003
いきなり凄いスーパー・タスカンが登場です。サンジョベーゼ主体のすばらしい赤。ガツーンときました。
Sg 70%, コロリーノ15%, カナイオーロ12%

4 Paleo (Le Macchiole) 1998
またまたスーパー・タスカン。少しブショネっぽかったですが、ほとんど気にならない程度。凄いワインが続きます。
CS 85%, CF 10%, Sg 5%

5 Sassicaia 2004
スーパータスカンの先駆け、ご存知サシカイアです。
最初は閉じていたので、デカンタージュしたら、一発で開きました。すばらしいポテンシャル。

本当は次にやはりスーパー・タスカンの7を飲む予定だったのですが、Nkさんが試飲して、あまりに堅い、ということでデカンタージュしようということに。デカンターが一つしかなかったので、まずは次の6を先に飲みました。

6 Barbaresco Gallina (La Spinetta) 2001
Nebbiolo 100%
このバルバレスコは、品種はもちろんネッビオーロなのですが、繊細でエレガントで感動的ですらありました。ブルゴーニュの古酒に少し通じるところがあったりして。今日の赤では、MusignyBlancの一番のお気に入り。
まあ、どれも素晴らしすぎたけれども^^。

7 Ornellaia (Antinori) 2001
言わずと知れた有名なスーパータスカンです。
CS 65%, Merlo 30%, CF 5%
このセパージュを見ると、まるでボルドー左岸ですね。

8 Piano di Monte Vergine (Taurasi)1998
カンパーニャ州の赤。
アリアニコ100%

イタリアワインのことは良くわからない私にも、一生忘れることのできないくらいインパクトのあるワイン達でした。

会が終わりに近づいても、何本かのボトルの中にはまだ少しずつワインが余っていました。あまりの美味しさに、ワイン達を注いでガンガン飲んでいたら、翌日少し苦しむことに^^ org;。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-03-03 02:24 | ワイン