MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ボルドーを学ぶ

さて、残すところワインクラスもあと二回。
最終日は、卒業試験となりますから、先日が実質的な最後の授業となりました。

その日のテーマは「ボルドー」

恐らく世界で最も有名なワイン産地であり、そこで造られるワインは、「ワインの女王」とされています。ちなみに、ワインの王はブルゴーニュです。

まずは、栽培面積や生産量などの概論があった後、ぶどう品種、産地、AOCや格付けなどについての説明がありました。規模から何から、ブルゴーニュとはいろいろと違いますね。

さて、後半はテイスティングです。

この日は5本。いつもより一本少ないのは予算の関係だそうです。
なるほど、どんな素晴らしいワインが飲めるのか、期待に胸が躍ります^^。

最初に、
1と2はカジュアルvs高級な白対決
3と4は若くて高級な赤で、品種が違う対決
4と5は同じ品種だけれども、熟成が違うもの対決
ということが知らされました。


では、まずは1と2です。

1と2は色はほとんど同じ薄い黄金色。でも2の方が少し薄いかな?。

1はフレッシュな果実風味、青リンゴ、レモンなど。酸がそこそこにあるが丸い。すっきりしていて素直においしい。ソーヴィニヨンブラン(SB)の苦味もある。
一般的に、ボルド^—の白といえば、SBとセミヨン(Sm)のブレンドなのだが、この苦味とあっさりさはSBが多めなんじゃあないだろうか。

2は、熟成した香り、シェリー香というか、薬草っぽい香りが強い。香ばしくて、タル香もする。後から、黄色いリンゴ、ハチミツのような香りも立ってきた。3,4年前、「ボルドーの会」というワイン会に出た時に、2、3本のボルドーの高級白が出たが、その時に共通して匂ぐことができた香りと同じものだ。。。あの時は、「この薬臭さは苦手だなあ・・・」と思ったものだが、今はさほど嫌いではない。というか、これはこれでまたワインの個性と思えば、なかなか美味しいなあ、と思ってしまった。

アタックがやや強めで、余韻が長く、酸が丸いこと、そしてSBの苦味が少しあるが多くはないことから、1よりもSmの割合が多くて、またタルを効かせる高級なボルドーか?(もともと2が高級ボルドー白とは知らされていました。)

Y先生の解説では、2は独特の香りがするが、これは「ネコのおしっこ」と表現されるのだそう。MusignyBlancはネコのおしっこの香りを嗅いだことがないので、自分で感じた薬草っぽい香りがネコのおしっこの香りに相当するのかどうかについては、まだ確認できていません。一度、誰かにネコを借りて、臭いを嗅がせてもらわなくては。。。。
(事情を知らない人が見たら、ただの変態?)

実際のワインは・・・

1 Ch. Crand Jean (Entre-Deux-Mers) 2005, 1600円
SB 70%, Sm 30%
1600円にしては、美味しかった。お買い得かも。

2 Ch. Olivier (Pessac-Leognan) 2004, 4050円
SB 50%, Sm 50%

次は3と4の比較です。
3と4とも黒紫だが、3の方がやや明るい。

3はいつも嗅いでいる右岸の香り。メルロっぽい気がする。
酸は少し強くて、でも少しカビっぽいか?。
タンニンは強いが、4より弱い。

4は、色は3より濃くて、黒紫にさらに茶色が入る。
香りは3より少ないが、まろやかな香り。味は、タンニンが強く、とても渋い。酸も強くて、いつも飲んでいる左岸のカベルネソーヴィニヨン(CS)の味と香りの気がする。

果たして、実際のワインは

3 Ch. Moulin du Cadet (Saint-Emilion Grand Cru) 2005, 1600円
Merlot 100%

4 Ch. Batailley (Pauillac) 2005, 8620円
CS 70%, Merlot 26%, CF 3%, Petit Verdot 1%


最後は5です。
4と同じトーンの色だが、そこにさらに茶色がかなり入り込んでいる。
熟成した色なのか?。
香りも、古いボルドーに良く感じられる熟成香。アタック強めだが、タンニンは4に比べるとかなりこなれている。味わいもまろやかで、熟成がそれなりに進んでいる感じ。飲んだ後、鼻から外に抜ける香りが素晴らしい。

これは、相当に高級な左岸のワインではないか。ものすごく古いという訳ではないだろうが、比較的弱いヴィンテイージの1997年とかだったら、すでにこのくらいの熟成感があるかもしれない。

などと、考えました。もともと、熟成の進んだワインであろうというヒントが出されていましたしね。先入観もあったかも。
 
でも、この6番のワイン、とにかく美味しい。。。。熟成した感じが、MusignyBlancの好みにピッタリで、素晴らしかったです。

そして、実際のワインは・・・

5 Ch. Montrose (Saint-Estephe) 1996, 18600円
CS 65%, Merlot 25%, CF 8%, Petit Verdot 2%

ナ、ナント、シャトー・モンローズでした。

いくら最後の講義の最後のワインだからといって、こんなに凄いのが出るとは。。。この日は参加して得したなあ。。。

シャトー・モンローズはボルドー、メドックの二級シャトーで、その素晴らしい品質からスーパー・セカンドと称されるワインです。私は幸運にもこれまでにいくつかのヴィンテージを飲ませて頂く機会がありましたが(62, 71, 75, 89など)どれも素晴らしいできでした。特に1989は感動的だったのを覚えています。記録を見返してみると、実はちょうど二年前の同じ月に今回と同じ1996のモンローズを飲んでいたみたいです。あまり良くは覚えていませんが、こんなに熟成感があったかなあ。。。。

このモンローズのせいで、予算的にも、この日のワインはいつもよりも一本少なかったのでしょう。納得です。

さて、講義はこれで全て終わりです。
次回は最終試験。。。。ま、ジタバタしても始まらないし、なるようになれ、でしょう。



この日も、いつものように自主勉強会に流れたことは言うまでもありません(笑)。
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-03-01 23:57 | ワイン