MusignyBlancがつれづれなるままに書きなぐる備忘録


by MusignyBlanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

感動のシャンベルタン

先日、あまりにも美味しいワインを飲んだので、ここに記録します。

飲んだワインは以下のとおり。

1 Planeta Cometa 2005
初めて飲んだ、イタリア・シチリアの白ワイン。

f0184200_10493990.jpg


ラベルには星座をバックに彗星が描かれている。天文ヲタクのMusingyBlancにとっては、それだけで惹き付けられてしまう。しかも、見かけ倒しではないところが、このワインの魅力。

比較的甘みがあって、でも弱いながらも酸があるので、べったりした感じがなくて、美味しい。セパージュはフィアーノという地域限定品種らしいのだが、私はそれを全く知らなかった。強いて言えば、ゲヴェルツトラミネールのような味わい。単独で飲んでも美味しいので、食前酒や寝酒にも良さそう。。。。

2 Chambertin (Philippe Charlopin) 1989

f0184200_1142452.jpg


複雑玄妙な香り。数十種類もの香りの成分が複雑にからみあって、しかしそれが2,3時間経過しても全く衰えない。
アタックも強く、なめし革、ケモノ香も際立っていて、さすがシャンベルタン、これぞシャンベルタンという力強さ。素晴らしい余韻。。。
今まで飲んだシャンベルタンの中でも、一二を争うくらい美味しかった。

2,3年前に、スター生産者のArmand Rousseauアルマン・ルソーのシャンベルタンを1996から2000まで垂直に飲んだこともあったが、まだ固くてガチガチだったので、今回ほどの感動はなかったからなあ。。。

同じ1989年のワインだと、随分前に
Clos de la Roche (Hubert Lignier) 1989
を飲んだが、これを飲んだ時に匹敵する感動があった。

去年飲んだClos de Vougeot (Leroy) 1992
に匹敵するかそれ以上だったかもしれないなあ。。。

3 Carano Reserve (Tresor Ferrari) 1997
昨年、ワシントン出張に行った時に、店頭に並んでいるものを適当に購入したワイン。
まだまだ力強すぎて、タンニンがギシギシで、少し飲むのが早すぎた感じ。いずれにせよ、シャンベルタンの後に飲んだのは、かわいそうだった。

でも、翌日飲んだら、タンニンがこなれて、なかなか良い感じになっていた。意外なことに、古酒っぽい風味も出てきたりして、なかなか楽しめた。

@@@@@

それにしても、シャンベルタンは美味しかったです。
フィリップ・シャルロパンっていい造り手なんだなあ。。。。
[PR]
by MusignyBlanc | 2009-02-02 23:56 | ワイン